クレジットカード・ローン面白知識

クレジットカード・ローン面白知識カテゴリーの記事一覧です。

クレジットカードの比較・申込・審査に関するブログ!に戻る

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/06(水)
キャッシングサービスには申込み条件があり、中には女性ユーザーだけを対象にしたサービスも少なくありません。男性専用ローンがないのに女性専用だけがあるのも不思議な気がしますが、これは女性のキャッシングユーザーだけが持っている特徴があるためです。

女性ユーザーの特徴を大まかに整理すれば

・人数的には男性ユーザー数のより少ない(全体の約30%)
・主婦やパート等、やや特殊な職業につく人が多い
・男性よりも期日通りに返済する割合が高い
・初心者の場合、キャッシングへの不安が強い

といった点が共通しています。収入面で男性ユーザーよりも不利な一方、きちんと返済してくれる優秀な客(キャッシング店舗側にとって)と言えるのです。

また、家族や知人にキャッシングを利用していること自体を知られたくない気持ちが強いため、来店しての融資よりもインターネットを使ったサービスを好む傾向があります。

そして女性専用のいわゆるレディースローンは、この特徴をうまく把握したサービス展開をしています。

たとえば多くの女性から支持を受けるベティローンでは、24時間サポートを行なっていますが、対応するオペレーターが全員女性スタッフで統一されています。これは女性独特の不安な心理を少しでもやわらげるための工夫です。

さらに融資にかかわる全サービスがインターネットで完結する仕組みなので、わざわざ周囲の目を気にしながら店頭へ行って融資を受ける必要がありません。あえて自社ATMを用意せず、コンビニ等の提携ATMネットワークをフル活用しているのも、「キャッシングを使っている」と周囲から分かりにくいため女性には好評です。

もちろん審査も女性ユーザーに特化した基準が用意され、パートでも主婦でも問題なくローンが使えます。このあたりはさすが、社名が「オリエント信販」と呼ばれていた頃からレディースローンのトップブランドだっただけあると言えるでしょう。

大手をはじめキャッシング各社が審査を引き締めて借りにくくなってきましたが、ベティ・ローンをはじめ女性向けローンは多くが柔軟審査を続けています。もともと女性ユーザーは返済率が高いため、それほど厳しく絞り込む必要がないとも言えますが、どちらにしても私たち利用者にしてはありがたいことです。

なかなか一般向けのキャッシングで審査に通りにくい女性の方なら、一度は女性専用のローンサービスを試してみると良いでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
スポンサーサイト
2007/05/04(金)
日本では2001年から政府の政策によって「IT一括法」が実施され、インターネットを使ったオンラインショッピングが格段に便利になりました。それまで書面の送付が必要だった取引が、メールやWebサイト表示だけで済むようになったからです。そのおかげで、クレジットカード等を使えば誰でもすぐにネットで買い物が出来るようになりました。

ところが不思議なことに、キャッシングサービスに新規申込みしようとすると、現在でも書面の郵送が必須になっています。実はキャッシングサービスの契約に関しては「IT一括法」の対象外となっているため、今でもわざわざ書類で契約しなければいけないのです。

つまり面倒でも郵送でカード発行の契約をするか、さらに面倒でも店頭へ直接行ってカードを発行してもらうのが私たちユーザーの選択肢になるわけです。

ただ、その面倒な申込み手続きを部分的にですが簡単にしてくれるオリジナルサービスを用意しているところもあります。

2005年からクレディア(姉妹ブランドのオリーブも)は、業界で初めて携帯デジカメを使った「写プリ」サービスをスタートさせています。これによって契約時の身分証送付が必要なくなり、携帯デジカメで自分の免許証などを撮影し、そのままネット経由でクレディアに送信すれば申込み完了できるようになりました。

対応する携帯機種が限られますが、キャッシング申込みの手間を省くという意味ではユニークなサービスです。

また、最大手の武富士も去年の秋から同様のサービスを開始し、携帯デジカメから手早く申込みが出来るようになりました。

さらに武富士はこれだけでなく、先月からイーバンク銀行と提携して「提携キャッシング簡単申込」サービスも開始しています。イーバンク口座を持っている方のログイン画面から、そのまま武富士のキャッシングに申込みが出来るというサービスです。

この申込みフォームには最初からユーザー自身の情報(イーバンク銀行に登録したデータ)が入力済なので、わざわざ入力し直さなくて済みますし、余計な入力ミスをしてしまう心配もありません。イーバンク銀行を経由して武富士に申し込めば通常より有利な「優待プラン」の金利が利用できるなど、多彩なメリットがあります。

面倒なのは初回のみとはいえ、やはりキャッシング申込みの手間が少ないに越したことはありません。快適かつスピーディーに申込みを済ませたい方には、実に使い勝手のいいサービスだといえます。

消費者金融人気サイトランキング
2007/04/25(水)
よく「キャッシング大手はどこも金利が高い」と言われたりしますが、それが100%正しかったのは昔の話です。実は最近は大手でも、しっかり低金利キャッシングが登場しています。

そのトップバッターになったのが最大手ブランドの武富士で、去年の11月から最低9.125%~という超低金利のプランを提供し、ユーザーからも人気となっています。

新規ユーザーに対して限度額50万円、金利27.375%という既存プランだけでなく、

ゴールドローン 限度額100万円、9.125%(既存客)
ドリームプラン011 限度額100万円、18.0%(新規客)
ロイヤルプラン 限度額100万円、21.535%(既存客)

という3つのプランが加わった4種類で現在は融資サービスを行なっています。同じ新規ユーザーや既存ユーザー同士でも2通りのプランが用意されているのは、審査によってどちらかに振り分けられるからです。

年収が多かったり他社での利用件数が少なかったりすると、より低金利のプランが利用しやすくなるという仕組みです。

また、先月から武富士はオンライン専業のイーバンク銀行と共同で「提携キャッシング簡単申込」サービスをスタートさせました。

これはイーバンク口座を持っている方の限定サービスになりますが、イーバンクのログイン画面から武富士にキャッシングサービスに直接申し込めるという便利さがウリです。しかも、この提携サービスを経由して武富士に申し込めば、通常より低金利の条件でキャッシングが契約できる隠れたメリットもあるのです。

このように、去年から今年にかけて武富士に追加されたサービスをうまく活用することで、いわゆる「低金利キャッシング」と言われる他社サービスに負けない融資条件を実現することが出来ます。

しかも武富士は、最大手だけあってサポート体制の充実度は他社とはケタ違いですし、コンプライアンス(法令順守)にも特に力を入れている安心のブランドです。「大手で金利が高いから…」とイメージだけで敬遠していた方も、使ってみれば頼れるサービスになってくれるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/04/03(火)
最近のキャッシング店舗はサービス内容や審査の甘さがよく変わるため、人気ランキングの上位にくるサービスも激しく変動するようになりました。ただ、そんな不安定な時期でもNISグループの「ファーストプラン」は安定してトップクラスの支持を集めています。

グレーゾーン金利の水準を完全にクリアした15.0~18.0%の低金利、50万円まで即日振込みキャッシュインの融資スピード、それに柔軟な審査基準のバランスが評価されていると言えるでしょう。

キャッシング業界で数社しかない東証一部上場企業ですし、日本企業にしては珍しくニューヨーク証券取引所に上場しているという信頼感もあります。

ところで意外に忘れがちですが、このNISグループの本来の姿は個人向けキャッシングというより、事業者向けローンの大手でもあるのです。

担保や保証人の有無によって3000万円クラスの大型融資を受けることも可能ですが、中でもビジネスユーザーが注目したいのは「ビジネスタイムリー」プランでしょう。限度額499万円に12.0~18.0%の低金利を誇り、担保・保証人が不要のお手軽さです。

これほどの条件にかかわらず審査が甘く、公表されているデータによれば常に50%以上という高いレベルの可決率をキープしています。契約方式は個人向けキャッシングと同じ「極度額契約」になっているので、とりあえず先に融資枠だけ確保しておき、必要になってから借入を行なうといったスピーディーな使い方も可能です。

古い考え方では、事業者の受ける融資といえば銀行ローンを思い浮かべてしまいますが、この頃は消費者金融系サービスが提供しているビジネスローンの選択肢もかなり充実してきました。これから事業を始めようとしている方、すでに事業をやっている方は、こうしたNISグループのような柔軟ビジネスローンを知っておけば、融資サービス選びの幅が広がるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/03/18(日)
大手の消費者金融が他業種と提携したり、中小キャッシング店舗で廃業するところが増えてくる等、最近のローン業界はかなり激しく動いています。それに合わせて低金利キャッシングサービスの事情も変わってきているため、今回はそのあたりを紹介していきたいと思います。

まず何よりも目立つのは、単なる「低金利」だけでなく他にも独自のメリットを持っているローンカードが人気になっているという点です。

NISグループがランキング上位の常連サービスに成長したのも、去年10月にキャッシング金利を15.0~18.0%まで大きく引き下げたのに加え、それまでと同じ柔軟審査を続けてきたからと言えます。さらに即日スピード融資という強みもあって、限度額50万円クラスのキャッシング店舗としては文句の付けようがありません。

また、限度額の大きな低金利ローンが支持を集めているのも見逃せません。楽天マイワンのように大型融資(500万円)が期待できるサービスはおまとめユーザー中心に好評で、柔軟な審査がそれを後押ししています。

NISグループにないネットキャッシングを備え、同じ低金利ローンでも「高額融資」や「ネットからの利用」を考えている方なら、こちらを選ぶのが良いでしょう。

以前まではここまでの解説でしたが、最近はまた低金利キャッシングに別の動きが出始めてきました。

キャッシング金利の高かった主要クレジットカード会社が、グレーゾーン金利の廃止を見越して次々と金利をダウンさせているのです。

中でもAMEXカードと並行してセゾンカードが発行している「フォービートカード」は利下げのタイミングが早く、すでに14.6%という低金利の消費者金融に負けないキャッシング体制を打ち出しています。

流通系クレジットカードということで他社に比べて審査も甘く、これからは低金利サービスを展開する消費者金融にとって強力なライバルになっていくと見られます。

簡単にまとめると

・NISグループ :低金利+激甘審査
・楽天マイワン :低金利+高限度額+ネット利用
・セゾン(フォービート) :低金利+ショッピングクレジット機能

といった形で人気カードのメリットがうまく分散され、ユーザーにとって選びやすくなっています。

こうしたランキング上位のカードを中心に選んでいけば、より自分に使いやすいサービスを探しやすくなるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。