クレジットカードの審査ってどうなってるの?キャンペーン中のクレジットカードは?人気のクレジットカード最新比較情報を消費者金融・キャッシング・ローン情報に交えてお届けします。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/08/26(土)
キャッシングの管理に携帯電話を利用するということが最近では珍しくなくなってきていると言えます。移動中などの隙間時間を活用してキャシング申し込みや返済の手続きを済ませることができ、振り込みのスピードも数十分程度で完了するものが多くとても便利に使えるでしょう。

外出中に急にお金が必要になってしまった、という場合でも数分のボタン操作で自分の口座へ振り込んでもらえるため、面倒な手間がかからないのが魅力です。

また、いくらお金を借りていていくら返済しなくてはならないなどの管理も携帯やネットから確認ができるのは便利と言えます。今後はこうしたネット対応はどんどん標準的な機能として各社がサービスを開始するでしょう。


現時点でネット対応しているサービスの代表はUFJニコスマイベストビズです。

マイベストビズはJCBが始めた新サービスのファーストローンプラスと会員獲得競争を続けていますが、この携帯対応という点では一歩ファーストローンプラスを上回っており、より便利に利用できるサービスと言えるでしょう。

金利も7.6%~17.8%、限度額も300万円と文句のない内容ですし、UFJニコスという信頼感もあります。さらに、この8月から開始したばかりのローンということもあり、借りやすい時期でもある魅力的なサービスです。

主婦の方などは審査が難しい面もありますので、女性向けのマイベストミューを利用することでより融資を確実なものにできるでしょう。もちろんこちらも携帯に完全対応です。


携帯対応は単にスピードが早いということもありますが、お金の管理が一目で出来ることと、返済も素早く出来ることも特長です。こうした機能を活用することで返済し忘れて余計な金利負担がかかってしまったりすることも防げるのです。

どこで借りるかという選択の際にはケータイ対応かどうかということも、比較項目の一つとして加えておくと、より便利にキャッシングを利用できるでしょう。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
スポンサーサイト
2006/08/25(金)
グレーゾーン金利と呼ばれる20%~29.2%の金利収入を得ていた消費者金融は今後の法律改正によってグレーゾーン金利が廃止となると、かなり審査基準が厳しくなってくるということをこれまでお伝えしてきました。

一般的な消費者金融は、お金を貸しても返ってこない可能性が高いギリギリのラインのユーザーにも貸し出し、その代わりに高い金利を得るという形で利益を上げてきました。しかし、法律の改正で高い金利を得られないとなると、そのギリギリのラインを決める基準が一気に厳しくなるということになります。それが審査基準が厳しくなるということです。

しかし、これまでそれほど高い金利を取らずに柔軟な融資を行ってきた店舗に関しては、法律改正の影響は少ないと言えるでしょう。


そうしたキャッシングカードの代表が楽天MONEYです。

楽天MONEYはインターネット業の大手、楽天が消費者金融事業に参入して開始したサービスですが、12.0%~18.0%という低金利と、柔軟な融資で人気を集めているサービスです。

このサービスは最初からグレーゾーン金利よりも低い金利での融資を行ってきているため、法律改正の影響は少ないのです。

また、先日楽天MONEYを運営する楽天KCはクレジットカード事業やローンなどのファイナンス事業以外の、オートローン事業などをオリエントコーポレーションに売却しました。

つまり、一般消費者向けの金融事業に会社全体で集中していこうという姿勢なのです。


このように、一般的には苦しくなってきている消費者金融業界ですが、その影響も少なく健全に営業を続けているサービスもあります。

大手消費者金融がグレーゾーン金利の廃止やイメージ悪化で苦しんでいる中、こうした健全なサービスが今後、業界を引っ張っていくことになるでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/24(木)
OMC Jiyu!da!はこれまで人気のクレジットカードとして、ここ数ヶ月の間ずっとランキングのトップを守ってきましたが、キャンペーンが終了するということもあり、今後の人気に影響が出そうです。

現在、最大6000円分のギフト券が当たるキャンペーンとハワイ旅行が当たるキャンペーンの2種類のキャンペーンを行っていますが、どちらも8月末をもって終了する予定です。


現在はまだ、キャンペーン終了前の追い込み時期ということもあり、数字を合わせようと必死で、通常よりも柔軟な発行となっているようです。


Jiyudaカードの特徴は「自由だ」という名前の由来の通り、支払い額や支払い時期を自分で設定することが可能となっている点です。月々の最低支払額5000円さえ守れば、あとはいつ支払っても良いので、自分の都合に合わせた支払いが可能なのです。

買物をしている際に、手持ちのお金はないけどどうしても欲しいものができてしまった、ということは誰にでも経験のあることでしょう。そうした際、このカードを使ってその月は5000円を支払い、余裕が出来たときに残金を支払うという使い方が可能なのです。

また、流通系カード特有のお得感のあるサービスが多いのも特徴です。

年会費は永久無料ということもありますし、毎月第二・第四日曜日はダイエー系列店舗での買物が5%割引になるなどの特典もあります。さらに、携帯電話料金の支払いにこのカードを利用することで、ポイント還元率が2倍になるなどの特典も見逃せません。


金融業界は今、非常に厳しい状況にあり、今後はクレジットカードを含めて融資審査がより厳しくなっていく方向と見られています。

現在、なんとかクレジットカードを作りたいと考えている方はこのカード狙う他ないとすら言えるでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/23(水)
先日、大手消費者金融のアコム、武富士、プロミス、アイフル、4社の4~6月期の決算が発表されました。それによると、どの店舗も前の年に比べて新規ユーザーの数が激減しており、全体としては2割も少ないという状況でした。

最もひどかったのはやはり事件が明るみになったアイフルで、営業停止処分やイメージが悪くなった影響で50%も減少したという結果でした。

次にユーザー離れが多かったのが意外にもプロミスでした。去年に比べて新規ユーザーが16%減少するという状況で、ダメージは大きいと言えるでしょう。

こうした中で、これらの店舗の対応としてはなんとかして新規ユーザーを確保したいところでしょう。今後の消費者金融業界の先行きを考えると、ここで踏ん張っておかないと会社の生死をかけた生き残り競争に巻き込まれる可能性があるからです。

そう考えると、これまでと比べて審査が甘くなることや柔軟融資が行われることは明らかです。特にユーザー離れのひどかったこの2社にそうしたことが起こるのです。


実際にプロミスは既に新キャンペーンを始めています。
WEBサイトも新しくなりましたし、特にインターネット上での広告費に予算をつぎ込んで、広い層にアプローチしようとするなど、非常に新規の融資に対して積極的であると言えます。

また、アイフルは現在も広告を自粛しているためあまり表だっては出てきませんが、代わりにアイフル子会社のライフが発行するライフプレイカードでは非常に積極的なカード発行を行っている様子です。親会社が自粛している分、子会社が頑張っているという状況なのです。


最近はアコムも立ち入り検査を受けるなど、消費者金融業界では暗いニュースが続いていますが、逆にこれだけイメージが悪くなると、それを回復させるために必死でもあるのです。

例えば社内でのマナー徹底や、違法行為が行われないように社員教育・監視体制もかなり厳しくなっています。ユーザーにとっては安心して利用できる状態になってきているのです。

これまで大手を敬遠されてきた方でも、これらのサービスは特に今、審査が甘く狙い目の状態で利用しやすくなっているため、融資枠の確保などに活用できるでしょう。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/22(火)
クレジットカードを作りたいけど、審査で落ちてしまう方や、どうしてもクレジットカードが欲しいと考えている方は多いと思います。

そうした方にまず私が提案できることはアコムなどへキャッシング申込をすることでMASTER CARDを同時取得する方法ですが、それでも難しいという場合は下記のようなことを考えてみてはと思います。


それは何のためにクレジットカードが欲しいと考えているのか、ということです。
クレジットカードを持つことのメリットは数多くあります。

1.海外でも国内でもVISAなどの加盟店でお金を持っていなくても買物が出来る
2.インターネットショッピングに使える
3.ポイントが貯まったり、各種割引を受けることが出来る
4.キャッシングにも利用できるため便利
5.旅行保険や買物保険が無料で受けられる
6.単にかっこいい

など、他にもあると思いますが主にはこれくらいでしょうか。この中で3~6が必須だという場合にはクレジットカードを手に入れる必要がありますが、1.や2.だけ満たせれば良いと考えるのであれば、実はクレジットカードを持たなくてもデビットカードで代用することが可能なのです。

例えば、スルガ銀行が発行しているVISAデビットカードというカードがあります。
このカードはなんと15歳以上であれば発行することが出来、世界中のVISA加盟店でキャッシュレスで利用できるカードです。

クレジットカードと大きく違う点は、買物をした時点でスルガ銀行の預金口座からその金額が引き落とされる点です。つまり、預金残高の金額までしか買物は出来ません。

これは特に、海外旅行で現金を持ち歩きたくないけどクレジットカードがどうしても作れないという方や、インターネットショッピングをしたいけどクレジットカードがない、という方には嬉しいサービスと言えるでしょう。

他にもイーバンク銀行が今後VISAデビットカードを発行する予定のようです。


日本でのデビットカードはクレジットカードの後を追って伸びてきているという状況ですが、カード大国のアメリカではデビットはもっと一般的になっています。

クレジットカードが作れない場合の最後の最後の手段として、知っておいて損はない決済手段と言えるでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/21(月)
最近ではユーザーの即日融資へのニーズに応える店舗も増えてきています。
確かに、お金を借りる必要がある状況というのは、家や車などよっぽど大きな金額の買物をする場合か、それ以外は急に必要になってしまうというパターンがほとんどでしょう。

○ヶ月後にいくらお金が必要になる、などとわかっていれば事前に対処ができるからです。

急な出費でお金を借りる必要が出てきた場合には、出来るだけ早く手元に入るのに越したことはありません。最近ではコンビニエンスストアのATMも普及しているため、キャッシングをインターネットで申し込んだその数十分後にはコンビニATMでお金を受取ることが出来るというようなサービスも増えているのです。


その代表がGMOネットカードです。
GMOインターネットというIT系の企業グループに入ったおかげで、インターネットを通じたキャッシングサービスではかなり地位を高めています。

50万円まで即日融資で指定口座に振り込んでもらえるのはもはや当たり前のサービスとして、さらに独自のサービスを開発しています。それは、イーバンク銀行の口座を開設することで、2回目以降の利用では当日21時までの申し込みで即日キャッシングが可能というサービスです。

これは土日祝日は基本的に営業しない消費者金融業界の常識を覆したサービスで、365日これほどまで時間に柔軟な対応をしているサービスは他にはないでしょう。

利用法としては例えば土曜の夜に友人と遊んでいて、急にどこかに遊びに行こう、となった場合でも携帯電話からの操作でその日に口座に入金することが出来るのです。

また、GMOネットカードは先日から新キャンペーンを始めていることもあり、非常に積極的に融資を行っている時期でもあります。審査通過率は他のサービスと比べても高く、口コミ評判でも必ず人気上位に上げられるサービスとなっています。


GMOのような新規参入企業が出てきたおかげで消費者金融のサービスもどんどんスピードが速くなり、便利な機能が出てきています。今後はこうしたスピードキャッシングや365日対応は当たり前のものとなってくるでしょう。

それでも、常にこうした新しいものを提供しようとする姿勢を持っているサービスを選択することで、いつでも他よりも便利で満足できるサービスを受け続けることが出来るのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/20(日)
当ブログで初めて三井住友VISAカードについての記事となります。これはどうしても三井住友VISAは激甘・柔軟なカード発行とは言えないクレジットカードだということがあるからです。

しかし、やはりクレジットカード発行枚数等を考えると常に上位にいるのは三井住友VISAですし、最近ではケータイクレジットカードなど最先端のサービスを開発しています。


特に、ケータイクレジットカードの「iD」はかなり便利なサービスと言えます。たまたま私の生活圏内にはこれが利用できるところもいくつかあり、実際に財布を忘れて外に出てしまった時もケータイだけは持っていたので1日特に不自由なく過ごすことができ、驚いた経験があります。


このケータイクレジット「iD」を利用するには別途クレジットカードの契約が必要です。
ケータイクレジットは便利なので利用したい、でも三井住友VISAはカード発行が関門となる場合は、最近発行されたU-Zuカードへの申し込みが最も発行の可能性が高くなるでしょう。

U-Zuカードはリボ払い専用カードのため、毎月決まった額+利息だけ支払えばよいというクレジットカードです。これは三井住友VISAにとっては儲けを生んでくれるカードと言えるため、他のクレジットカードに比べて柔軟な審査で発行しやすいということになるのです。

もちろんリボ払い専用カードでも、利息なんて払いたくない、一括支払いで良いという場合は増額返済すればそれも可能です。

ですので、とにかくケータイクレジット「iD」を使いたいという場合にはとりあえずU-Zuカードで申し込んで、支払いは一括で行うように設定するという方法が最も損せずに利用することが可能でしょう。


三井住友VISAは銀行系のブランドを守るためにもなかなか激甘カード発行ということは行いません。しかし、クレジットカード業界のトップカンパニーでもあるため、業界最新のサービスを始めることも多く、そうしたサービスを早く試してみたいと考える方も多いでしょう。

そうした場合はこうした、中でも最も発行されやすいものを選んでトライしてみるのも1つの方法でしょう。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/19(土)
出費を出来るだけ抑えるための節約術とも言えますが、銀行振込の手数料を何度でも無料で利用する裏技が存在します。


普段、我々は生活のいろんな場面で銀行を利用して振込みを行います。家賃の振り込みであったり、ネットショッピングだったり、電話料金の支払いだったり、とその場面は様々です。

しかし、150円、300円と、ただお金を別の口座に移すコンピュータ上の処理なのに、その度に銀行にお金を支払わなければならないというのはとても馬鹿げていると感じてしまいます。

そうした不満を解消するために、最近は新生銀行が月5件まで振込手数料を無料とするサービスを行っていたり、インターネット専業の銀行では口座間の送金手数料をかなり低く設定しているところも出てきています。

ですが、これらの方法では色々と制約があります。例えば月に5回まで、だとか、振込先も同じ銀行の口座でなければ安くならない、などです。

そうした制約が限りなく少ない、銀行振込手数料を何度でも無料で使う方法があるのです。


それがプロミスの代フリ(代行振込)を活用する方法です。

プロミスは誰もが知っている大手消費者金融ですが、三井住友銀行グループに加わってからは銀行との連携プレイを行ってきています。

この代フリはプロミスのキャッシング申し込みで使えるようになるサービスで、「ユーザーの名義で、指定した口座に指定した金額を振り込んでくれる」というサービスなのです。そしてその手数料は無料で、何度でも利用できるのです。

つまり、ユーザーが一時的にプロミスにお金を借りて、プロミスがそのお金の振込みを代行してくれるということになります。

だったらプロミスにお金を返さなきゃいけないし、利息がついてしまうじゃないか、と考えるかもしれませんが、これは当日中にプロミスに返済することで一切余計なお金はかかりません。

しかも、プロミスは返済する際の手数料もかかりませんし、完全にネット対応しています。なので、家に居ながらにして全ての操作を、余計なお金をかけずに終えることが可能なのです。

これは特に三井住友銀行グループのジャパンネット銀行口座を開設しておくと、24時間365日、携帯からも利用可能になりますので、これらを利用することで今後一切の振込手数料を払う必要は無くなってしまうのです。


振込手数料は1回あたり150円や300円でも、年間に利用する回数を考えるとかなりの額に上るでしょう。この裏技はそうした無駄な出費を一気に0円にすることが出来、しかも何の制約もなく利用できるというところが魅力なのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/18(金)
最近の低金利ローンの主流は他業界や、消費者金融以外の分野から進出してきたサービスになってきています。

これは、一般的な消費者金融の金利がグレーゾーンと呼ばれる20%以上の金利を設定して利益を上げているのを見た他社が、もっと低金利で貸し出すことも可能なはずだと判断してこの業界に進出してきているという背景があります。

しかし、法律の改正でグレーゾーン金利は廃止されることがわかっていますので、今後は大手消費者金融を初めとして金利はどこも20%を切るサービスを提供し始めるでしょう。

ここで、最近進出して来た最新の低金利ローンを提供している企業としては、消費者金融が本気になって低金利ローンを始める前の今のうちに、少しでもユーザーを獲得しておきたいと思うようになります。

消費者金融会社が本気になった時の営業力は強力ですし、新規にサービスを開始したばかりの立場としては、開始して間もない頃の勢いは大事にしたいところだからです。


そうした立場にある最新の低金利ローンがUFJニコスマイベストビズになります。

このサービスは8月1日からサービスを開始したばかりで、今月は勢いも良く好調にユーザーを集めています。

7.8%~17.6%と、他の低金利ローンよりも一歩抜き出た金利の低さが特徴で、携帯電話の操作で指定口座へ即時振込みを行える機能も備えており、非常に使いやすくなっています。

元々マイベストというローンカードは発行していましたが、他社が続々と低金利ローンを開始する中、少し遅れをとってしまったため、現在は特に会員に入りやすい時期とも言えます。


また、7月20日からサービスを開始したJCBファーストローンプラスも同様に、積極的に会員を募集しているカードローンです。

こちらは専業主婦やフリーター、個人事業主の方は別の専用カードがあるため審査を受け付けておりませんが、それ以外の方に対してはキャンペーン期間ということもあって柔軟です。


最新の低金利タイプのローンということではこの2つが最も有力でしょう。サービスの開始から間もない時期をうまく掴むことでより希望額に近い形での融資も可能となるのです。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/17(木)
クレジットカードの魅力の一つとして、カード支払いでポイントが貯まったり、店舗での割引サービスが受けられたりとお得に使える点は大きなところでしょう。

特に流通系と言われる小売店舗が発行するクレジットカードでは、年会費無料で利用できるものばかりで、何枚持っていても損することはありませんし、特定の割引日だけそのカードで支払うという使い方をすればいくつもの店舗でお得に利用することが可能です。


そうした意味でも魅力的なのがOMC Jiyu!da!です。

ダイエーグループのOMCが発行しているクレジットカードですので、毎月第二・第四日曜日はダイエー系列の店舗で5%割引で買物することが可能となっています。

また、ポイント還元では携帯電話料金をこのカードで支払うことで通常の3倍ポイント還元となります。docomoを利用している方であれば、このカードで貯まるわくわくポイント1につきドコモポイント4と交換可能なため、機種変更時に割引を受けることが出来るでしょう。


その他の流通系のカードで最近人気があるのが東急カードになります。
東急カードの中でも種類がたくさんあるのですが、TOP&ClubQ JMBカードが最もポイント還元も多く、マイルも貯めることが出来るため、人気となっています。

このカードは東急グループの強みを生かした内容で、東急百貨店の買物でポイントが3%~8%の還元があるほか、東急グループの映画館で利用すれば鑑賞料金が300円割引で見られるなどの特典もあります。

ただ、このカードは年会費が2年目以降は1050円掛かってしまうため(初年度は無料)、マイルは特に必要ないという方はTOP&ClubQカードを利用すると良いでしょう。こちらの場合は年会費が525円のため(こちらも初年度は無料)、映画2回分で元が取れるとなります。


流通系のクレジットカードはこのように特典が多く、うまく使えば年間10万円以上も節約することも可能です。特に家族の携帯電話料金の支払いなど、家族単位で支払い方法を見直してみることで、よりお得に利用することが出来るでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/16(水)
クレジットカードはそれ1枚あれば大抵の少額決済の問題を解決してくれると言っても言いすぎではない程、便利なカードが増えています。

特に、ほとんどのクレジットカードがキャッシング機能を備えており、急な出費で困った、という時もコンビニATMでお金を引き出すことが出来てしまいます。

しかし、気をつけねばならないのがその際の金利です。

特に年会費無料系のクレジットカードでは、キャッシング金利が年率20%台後半のものが多いのです。これだけ消費者金融が叩かれ、グレーゾーン金利が問題だと叫ばれている中で、実はクレジットカードのキャッシング金利は思い切りグレーゾーンの中にあるのです。

ですので、いくら便利だからと言って、金利をあまり確かめずにクレジットカードのキャッシングを利用するのは実は危険です。だったら最初から一般のキャッシング専用カードやローンカードを作っておいた方が、いざというときにも低い金利で利用でき、便利なのです。


その際、キャッシング専用カード初心者にとって使いやすいのは楽天MONEYカードになります。

元々クレジットカードにあったキャッシング機能を独立させたカードということもあり、郵貯・セブンイレブン・ローソン・ampmなど多くのATMで利用することが出来るのです。

ですのでキャッシング専用カードとはいえ、消費者金融の自動支払い機に入るのとは違って、誰に見られても気付かれない、恥ずかしくない使い方が出来ます。

肝心の金利は12.0%~18.0%ですので、大抵のクレジットカードキャッシングよりお得に利用することが出来ます。また、非常に柔軟なカード発行が見られているため女性の方でも利用しやすいカードと言えるでしょう。


クレジットカードは確かに便利ですし、旅行保険や買物保険などがついていることから安心というイメージがありますが、1つ1つをよくよく見てみると実は専用カードの方がお得という機能もあります。

イメージに流されず、本当に便利な使い方やお得な使い方を知ることが重要なのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/15(火)
クレジットカードによる支払いでガソリンが割引になることを知っている方がまだまだ少ないという印象があります。

高速道路のサービスエリアにあるガソリンスタンドでは、少しでも安くガソリンを入れようと長蛇の列が出来ているようです。

サービスエリアにあるスタンドのガソリン価格は市場の平均価格よりも少し高い程度に設定されるのですが、1ヶ月前の市場の価格から設定されるため、現在はかなり安い価格設定となっています。それほど、ガソリン価格は急上昇しているのです。

と言っても、おそらく普通のガソリンスタンドと比べてレギュラーガソリンで1Lあたり5円~10円程度の安さでしょう。この違いを求めて何十分も並んでいる人もいるのです。

それほど価格に敏感でいながら、現金で支払っている方が多いということに私は驚きました。
クレジットカードを活用すれば、それだけで誰でもさらに5円程度安く出来るからです。


それがシェル スターレックスカードや、出光カードまいどプラスの活用です。

シェルスターレックスカードは入会月から2ヶ月、レギュラーガソリンが5円、ハイオクで10円安くなります。それ以降は6ヶ月間のクレジットカードの利用金額に応じて割引価格が決まりますが、普段の買物などにもカードを利用することで、結構あっさりと最高ランクの割引を受けることが出来るでしょう。

しかも最高ランクになると高速道路料金も5%割引還元が受けられる点も見逃せません。


出光まいどプラスカードは入会後1ヶ月間はガソリンが5円割引、それ以降は2円の割引が利きます。このカードは出光ロードサービスが年間787円で受けられたり、提携スーパーの西友で月2日間5%割引で買物が出来るなど、ガソリン以外にも総合的にも利用出来るカードです。

年会費も永久無料のため、作ったところで痛くもかゆくもないというのも嬉しい点です。
シェル用と出光用2枚用意しておく、というのも悪くない選択でしょう。


使っている人は使っているのですが、まだまだこうした便利なクレジットカードの存在を知らない人も多いというのが現状でしょう。

せっかく少しでも安いスタンドを探し回ったり、長蛇の列を作って並んだりするのなら、最も安く買える方法で利用しないとなんだかもったいない気もしてしまいます。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/14(月)
消費者金融業界はここのところ、非常に苦しい状況にあります。アイフルの脅迫のような取立てが発覚して以降、消費者金融は世間から厳しい評価をされている印象があります。

実際にこの2006年の4-6月、大手消費者金融4社の新規ユーザーは昨年と比べて20%以上も少なくなっており、経営も非常に苦しい状態になってきています。

追い討ちをかけるように、今まで消費者金融の利益の源であったグレーゾーン金利も無くしてしまおうという流れが確定的になり、さらには、1人あたりの貸し出しも最大で150万-200万円程度までに制限をかける方針となりました。


こうした状況になった場合、消費者金融の取る対応として残された手は多くはありません。

今のうちに出来るだけ会員を増やし、今後も少しでも借りやすい状況を作っていくという流れが生まれるのはごく自然なことと言えるでしょう。

同時に、アイフルが行ったような取立ては厳禁という姿勢で強く統一されるでしょう。
これまでそうした努力をしなくても儲けてきた業界なのですから、それくらいのことは当然とも言えるかもしれません。より良心的なサービスへと変わらざるを得ない状況なのです。


一方で、ユーザーの側に立つと、これほど消費者金融を利用しやすくなっている時期はなかなかないと言えるでしょう。

どの店舗も、まだ自社を利用してくれていない新規ユーザーを求めており、そうした方には特にこれまででは考えられないほどの甘い審査で融資を受けることが出来るのです。

特にプロミスなどは、事件を起こしたアイフルの次に新規ユーザーの数が落ち込んでおり、新キャンペーンを始めるなど必死の姿勢で会員を募集しています。


当たり前の話ですが、消費者金融業は「貸してなんぼ」という業界です。これまでは不景気だったこともあり、苦労せずともユーザーは借りに来てくれたわけですが、こうした状況になって、ようやく大手消費者金融も動き始めました。

今、消費者金融の審査は甘い傾向にあると言えるのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/13(日)
現在最も審査の甘いクレジットカードとして人気を集めているカードが、OMCの発行するクレジットカードです。


中でもOMC Jiyu!da!は特に柔軟発行ということで知られ、現在最も人気の高いクレジットカードとなっていますが、このカードがなぜ審査が甘いかという理由まで考えられている方は少ないでしょう。何事もそうですが、審査が甘いのにはそれなりの理由が存在します。


以前もお伝えしましたが、このJiyu!da!カードの特徴は支払い時期も支払い額も自由に設定できるという点にあります。月々の最低支払い額5000円さえ支払えば、あとは翌月以降に繰り越して、お金に余裕が出来たその時に支払うことが出来ます。

しかし、当然ですが支払いを先延ばしにすることで、一定の手数料が発生します。

例えば8月に25000円の利用があった場合、9月の27日の支払日で最低額5000円を支払うと、支払い残額20000円となりますが、これに対して月当たり×1.2%の手数料がかかり、翌月の10月27日には5000円+240円を支払うという形になります。

つまり、このカードは利用者が支払いを先に延ばすことによって手数料収入が入ってくるという発行会社からすれば効率的に収入を生みだすカードなのです。

発行するOMC側は、そうしたカードは少しでも多くのユーザーに利用してもらいたいと考えるでしょう。ですので、当然の流れとして審査が甘くなり、カード発行されやすくなるのです。


一方、これはユーザー側としてもメリットのあることです。
まずカード発行が柔軟であるという点。支払い時期を自分で決めれて、月々の支払いを低く抑えることが出来るため、ちょっと手元にお金がなくても自由に買い物が出来るという点。もし手数料を払いたくなければ月々の支払額を増額しておけば、一般的な一括払いのクレジットカードのように利用することが出来るという点です。


jiyu!da!カードの審査が甘いのにはこうした背景があります。
年会費も無料ですし、特に審査が甘いからと言って損をするサービスというわけでもありません。なかなかクレジットカードが作れないという方は、このカードを試してみると良いでしょう。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/12(土)
JCBとクレディセゾン、この2社はクレジットカード業界において業界を引っ張るほどの勢いをもつ会社です。

JCBはVISAやMASTERと並ぶ国際クレジットカードブランドとしては唯一の日本発のブランドとして、のべ5500万もの会員がおり、世界でも最大規模のクレジットカードブランドとなっています。

また、クレディセゾンはクレジットカード発行会社として今最も勢いのある企業の1つで、2005年3月期では年間の新規カード発行枚数が約250万枚に到達し、業界一位となっています。

2社に共通しているのは、クレジットカード業を単なる金融業ととらえるのではなく、ユーザーの視点に立つサービス業を行っているという考え方を持って経営されている点です。


そして、この2社が先月からJCBファーストローンプラスセゾンカードローンという低金利ローンカードの発行に力を入れ始めました。


これは、現在の低金利ローンサービスにユーザーの視点を持ったサービスが少なく、自分達が入ればもっと良いサービスを提供することでユーザーを囲い込むことが出来ると判断した結果でしょう。

どちらのサービスも限度額300万円・金利8.0%~という低金利を実現しており、かなり好条件で利用可能なサービスとなっています。

クレジットカード業界から場を移して、低金利ローンの分野でも激しい競争となりそうな気配ですが、それぞれのサービスで微妙に違う点もあります。

JCBの方は企業に勤めている方限定のローンという点で、セゾンに比べて少し間口は狭い部分があります。但し、その分条件に合う方には柔軟な対応で、返済期間を長期的に考えることが出来、月々の支払額が少なくて済むというメリットもあるのです。

セゾンの方は女性・主婦の方の利用も視野に入れた内容で、ユーザーの間口は広くしています。デザイン面では特に洗練されており、女性ユーザーの声が生きている印象があります。


こうした勢いのある企業がどんどん新たなサービスを開発することで、業界全体の活性化に繋がりますし、ユーザーはより良いサービスを利用していけるようになるのです。

現在、比較的高い金利で借入をされている方はこうしたサービスを利用して、借り換えや今後の融資枠の確保を検討されると、返済がより楽になるでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/11(金)
クレジットカードの中でも特にステータス系と呼ばれるカードがあります。これは主に、アメリカンエキスプレス(アメックス)カードやダイナースクラブカード、各種ゴールドカードのことを指します。

ステータス系という言葉の意味ですが、これはそのカードを所有していること自体がかっこいい、周囲の方から一目おかれ、地位の高い人と見られることが多いためそう呼ばれています。

これらのカードがステータス系と呼ばれる理由はいくつかあります。

まず、一般的にアメリカンエキスプレスやダイナースクラブは発行審査が難しく、かなり年収のある方や有名企業に勤めている方、勤続年数が長い方などいわゆる属性の良い方でなければ発行できないという点。

また、これらのカードを所有するメリットにもつながりますが、例えばアメックスの場合、世界中に2200ヶ所あるアメリカンエキスプレスのトラベルオフィスを利用でき、航空券の手配や各種旅行手続き、緊急時の相談などを全般的に受け付けてもらえます。

他にも海外・国内の旅行保険やその他様々な保険を、カードを所有しているだけで受けられるということがあり、単なるクレジットカードを超えた安心感を与えてくれます。

さらに、世界中の高級ホテルやレストランを割引価格で利用できるという直接的なメリットもあります。


これらがステータス系カードと呼ばれる理由になりますが、このステータスカードであるアメリカンエキスプレスカードを即日かつ、かなり柔軟な審査で取得できる方法があります。


それがセゾンアメリカン・エキスプレス・カードの取得になります。

これはクレディセゾンとアメリカンエキスプレスのライセンス契約により実現したカードですが、通常のアメリカンエキスプレスカードに比べて一般の方でも取得しやすく、さらに19時30分までの申込みでも店舗に受取りに行けば即日発行も可能という優れたカードです。

カードデザインもアメックスカードの特徴である騎士(ナイト)が大きく描かれており、他のクレジットカードとは明らかな違いが感じるデザインで、高級感が感じられます。

サービス内容も通常のアメックスカードとほぼ変わることなく、充実した保険がついていますし、セゾンならではの永久不滅ポイントサービスも通常の2倍以上のポイント還元で付いているため、お得にも利用できます。


海外旅行直前の方や出張などで飛行機に乗る機会の多い方は特に、こうしたカードを便利に活用することが出来ますし、一般の方でもステータス系カードを所有することで自分を際立たせることも出来るでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/10(木)
キャッシング利用をしたくても、審査の面で厳しくなってきている方、柔軟な対応のところでないと難しいという方でも、いきなり中堅消費者金融に向かうのではなく、出来るだけ利用の可能性のある大手を検討された方が良いでしょう。

もちろん中堅消費者金融でも優良サービスを展開しているところも多くありますが、先日から問題となっている強引な取立てが発生している割合としてはやはり中堅~小規模の消費者金融の方が多いということもあります。

よほど定評のあるところを選ぶなど、サービス選択には十分に注意する必要があるのです。
ですので、審査が激甘なところを、と考える場合でも大手の中から柔軟対応のサービスを当たっていき、準大手、中堅、と探っていく方が安全です。


大手の中でもかなり柔軟な対応が見られるのがニッシンのローン50となります。
ニッシンはワイドローンというおまとめローン向けのサービスも展開しており、東証一部上場企業という信頼のおける企業の中では最も柔軟な対応が望める会社の1つと言えます。

ローン50では即日融資・振り込み融資も可能となっているため、急な出費の場合にも便利に利用できるでしょう。


ニッシンでも厳しいとなった場合は準大手のGMOネットカードの利用が考えられます。
GMOネットカードはつい先日、中堅消費者金融の三貴商事を買収したということもあり、ユーザーの幅が広がっていますのでさらに柔軟な対応が期待できます。


さらに、どうしてもという場合は中堅の中でも準大手とも言えるラインのスタッフィが使えます。こちらは大新クレジットビューロという消費者金融を阪急グループが買収して生まれた会社で、特に女性に対しても強いカード発行となっているのです。


なかなか大手では利用が難しいとされた方や、もう有名どころは検討しつくしたという場合、いきなり名前も実績もわからない中小に飛び込むのは少し不安が残ります。

これらのように大手の中でもあまり有名でないサービスや、準大手~中堅の中でも信頼できるところというように、優先順位をつけた上で検討していくとより安全・確実でしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/09(水)
ガソリン価格が全国平均で140円(レギュラーガソリン1Lあたりの価格)を突破してしまいました。原油価格の値上がりは留まるところを知りません。

全国平均で140円ですので、地域やガソリンスタンドによっては150円近くにもなるところもあります。実際に私が利用していたスタンドでは148円に値上がりしており、他のスタンドを利用することにしました。

車の利用が生活の一部となっている方にとって、これは見逃せない問題と言えるでしょう。
しかし、逆にこれを会員獲得のチャンスとばかりに、ガソリン代をカードで支払うことでガソリン価格を割引くことが出来るクレジットカードも出てきているのです。


その代表がシェル スターレックスカード出光カードまいどプラスです。

まず、シェルスターレックスカードは入会月から翌月まではレギュラーガソリンが5円、ハイオクが10円も安くなります。そして、半年ごとの利用額に応じてレギュラーで1円~5円、ハイオクで4円~10円も安くなるのです。

最大の割引を狙うと半年間で40万円以上のカード利用が必要ですが、これはガソリン利用のみで40万円というわけではなく、他の買い物でクレジットカードを利用した場合も含まれますので、これまで現金で支払っていたのをこまめにカードで支払えば意外と楽に達成できるでしょう。


出光まいどプラスの方は入会後1ヶ月間ガソリン5円引き、1ヶ月経過後は2円割引となります。

こちらのカードの特徴はJAFのようなロードサービスを年間787円で受けられるという点や、西友で毎月5日・20日は5%割引で買い物が出来るといった特典があります。また、キャッシング利用が出来るのも特徴で、ガソリン支払い利用以外でもお得なサービスと言えるでしょう。


長期的に考えた場合や比較的よく車に乗られる方、あとハイオクガソリンを使われている方の場合はシェルスターレックスを、ガソリン利用以外にも特典がある方がいいという場合は出光まいどプラスを利用するのがお得でしょう。

また、出光まいどプラスは年会費永久無料(シェルは初年度無料)ですので、備えていて損することはありません。2枚とも持っておいて使い分けるというのも、1つの節約方法でしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/08(火)
7月後半からここまでで人気急上昇中の低金利ローンが2つあります。

1つはUFJニコスのマイベストビズ、もう1つがJCBファーストローンプラスです。

この2つに共通している点は、UFJニコス、JCBともにクレジットカード業界での大手ということです。この2社が同時期に一般消費者向けのローンサービスに本格的に進出したのがこの2つのサービスとなります。

どちらもこれまでのローンカードの中でもトップクラスに入る金利の低さ(7.6%~17.8%)と、限度額の高さ(300万円)を実現しており、それぞれの企業が持つブランド力を強みとして、よりローンカードのユーザー層を広げようとする狙いが感じられます。

そのため、どちらのサービスでもこれまでのローンカードではあまり見られなかった、入会キャンペーンでプレゼントを実施しており、入会するだけで1000円のギフトカードがもらえたり、抽選で5万円のキャッシュバックが当たるなどのキャンペーンを展開しています。


この2つのサービスで異なる点としては、返済方式が大きく異なります。
UFJニコスは基本的には残高スライドリボルビング式払い、JCBファーストローンプラスは毎月元金定額払いという方式になります。

これは仮に200万円を借入した場合、UFJニコスの場合は毎月35000円の支払いということが決まっており、その中に利息と元金分が含まれた形での返済となります。JCBの場合は毎月20000円+利息という形での返済となります。

これは長期的に見た場合、JCBの方が毎月の返済額は低くなり返済しやすくなり、UFJニコスの場合は毎月の返済額は少し高くなりますが、返済期間は短く済むということが特徴なのです。


審査に関しては、現時点ではどちらも新サービス・新キャンペーンの時期ということもあり、どちらも同様に柔軟な対応が見られます。特にJCBはこれまで本格的なローンカードを扱っていなかったため、今回のサービスへの力の入れ方は半端ではありません。

ただ、これが時間が経過し、キャンペーンも終わる頃にはUFJニコスの方がより柔軟な対応が望めると言えるでしょう。これは、銀行系のJCBと信販系のUFJニコスの違いとも言えます。


どちらもお互いをかなり意識してサービスを展開しているため、内容もかなり似かよったサービスとなっていますが、特に返済方式などは気をつけておかないとあとあとになって響いてくることでもあります。

自分の条件に合ったサービスをよく見極めて選択することが長期の付き合いとなるローンでは重要です。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/07(月)
消費者金融を利用することの抵抗感は以前に比べて本当に小さくなったという印象があります。ゴールデンタイムのテレビCMの解禁やさわやかなイメージガールの効果で、消費者金融のイメージは一気に変わってきたと言えるでしょう。

そのイメージの変化と共に、店舗自体や顧客対応も以前に比べてかなり健全なものになってきた印象もありますが、未だに変わっていない部分もあります。

それは一般的なキャッシングサービスの、20%台後半という金利の高さです。ここが利益を生み出している源ということもあり、なかなかここを下げる消費者金融は少ないのです。

しかし、昨年から今年にかけて、利用しやすいキャッシングサービスの中でも、かなり低金利で利用できるものが登場し、人気を集めています。


その1つが楽天MONEYカードです。
楽天グループでは楽天クレジットがマイワンという超低金利のローンカードを発行していますが、このMOENYカードは楽天KCが発行する、よりキャッシングの要素の強いカードとなります。

12.0%~18.0%という低金利で利用することが出来るため、特に100万円以下の少額利用には、消費者金融のキャッシングを利用するよりもかなり金利を低く抑えることが出来るでしょう。


また、同じIT系でGMOネットカードのキャッシング50やキャッシング300も低金利と柔軟対応のバランスが取れたサービスとして知られています。

キャッシング50の場合は18.0%~という金利となるため、楽天MONEYよりは多少金利が高くなってしまいますが、それでも大手消費者金融のよりは低い金利での利用が期待できます。

GMOネットカードの特長はカードレスで利用出来るため、申し込みから融資までが非常に速いという点があります。特に急な出費という場合はこのサービスが良いでしょう。


消費者金融大手のキャッシングを利用する前にはその金利に注目してみることが必要です。20%台後半の金利を適用しているサービスの場合は、その申し込みの前にこれらのように低金利で利用できるキャッシングを検討されると、より良い条件での融資が可能となるでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/06(日)
クレジットカードの数はその種類と同じだけ特典があると言っても良いほど、それぞれのカードに特徴のある特典を備えています。

中でも最近人気があるのが、デパートやスーパーなど小売店舗が発行するクレジットカードで、特典も多い上に、比較的審査が甘いというのがその人気の理由となっています。


特に、最近ではOMC Jiyu!da!は1番人気のクレジットカードとなります。
このカードは支払い時期や支払額を自分の好きなように設定できるという点が特長です。

特典としてはOMC系列の強みであるダイエー系列店舗での月に2回の5%割引を受けられる点や、携帯電話料金の支払いにこのカードを利用することでポイントが2倍以上貯まるということがあります。


また、最近人気が出てきているのが東急カードです。
東急カードは種類が多く、選ぶのすら大変という印象がありますが、中でも特にお得なカードがTOP&ClubQ JMBカードとなります。

このカードは東急百貨店での買い物で貯まるポイントの割合がこのカードを利用するだけで高くなり、さらに年間の利用額に応じて、最高8%ものポイントが貯まるとなります。

貯まったポイントはそのまま東急で利用することも出来ますし、マイレージと交換することも出来ますのでかなり利用の幅は広く、お得に使うことが出来るでしょう。


流通系のクレジットカードは年会費無料のものがほとんどで、何枚持っていても損をすることがないのも一つの特徴です。その上、審査も甘く発行されやすいのが魅力的です。

これらのカードを買い物をする店舗ごとに使い分けていくことで、年間でかなりの額の節約にもなるのです。こうした点から、流通系のクレジットカードが人気となるのは当然とも言えるのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/05(土)
低金利ローンカードと呼ばれる、7、8%~の金利帯のサービスが今、一本化・借り換えに非常に利用しやすい時期になっています。

これは6月末からセゾンがオンラインで積極的に会員を募集し始め、7月にはJCB、8月にはUFJニコスが新たなサービスを開始し、新サービス開始時期によく見られる柔軟対応をそれぞれが行って競争していることが理由となります。


中でも特に幅広いユーザーを対象に会員募集しているのがセゾンカードローンになります。

このカードの運営会社クレディセゾンは女性ユーザーの声を取り込むのが得意な会社であるため、今回の低金利ローンでも男性・正社員限定などと幅を狭めることなく、安定した収入のある方であれば誰でも申し込み可能としているのです。

また、クレディセゾンは比較的審査が甘いとされる流通系に属する会社で、その中ではクレジットカード発行枚数1位という実績もあります。


他に柔軟対応の見られる低金利ローンカードは楽天マイワンとなります。

このカードは今年の春、金利7.0%~、限度額500万円という驚異的なサービスを実現したことで業界を驚かせました。この金利と限度額は今でも業界トップクラスの水準となっています。

さすがに7.0%で500万円の借入というのは収入面やその他属性がよくないと適用されませんが、そこまでを期待しなければかなり柔軟な対応が期待できます。(ただし、マイワンは主婦の方は融資不可となりますので注意が必要です。)

実際に他社の借入が4~5件以上ある方でも融資可能となっている例も少なくありません。
楽天は楽天グループ全体として金融事業を強化しようとしていることもあるため、この対応はグループ全体としての特性とも言えるでしょう。


低金利ローンカードはこの時期、どのサービスもユーザー獲得のために必死に動いています。
サービス選択の際にはこれらの運営会社の特徴も見極めることで、自分にマッチしたサービスを選ぶことが出来ますし、そうすることでより融資の可能性を高められるのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/04(金)
クレジットカードを作りたいのにどうしても作れないという方に試していただきたい方法があります。これまで何度かお伝えして来ていますが、これは特に審査が甘いという方法で、カードが作れなくて困っていたという人もこの方法で発行に至ったという例が多数あります。


それが、武富士のTAKE BIG7 MasterCardを取得する方法となります。
これは武富士への申し込みでキャッシング・クレジット両方に利用できるカードが発行される方法で、カードが発行されるとMasterCard加盟店でクレジットカードとして利用できるのです。

この方法を利用すると、武富士の融資の審査に通過するとほぼ同時にクレジットカード発行となるため、これまで一般のクレジットカードで審査面が難しいという方でも、発行となる可能性が非常に高くなるのです。

そもそも武富士は大手消費者金融の中でもかなり対応が良いため、無職の方、よほど他社に借入のある方、延滞や事故などを起こしていない限りはカード発行の可能性は高いでしょう。


他の似たようなサービスではアコムのキャッシングカードでも審査結果によってはMasterCardの利用が可能となっています。


さすがにブラックの方でも、返す気がなくても誰でもOKというわけにはいきませんが、この方法を利用すればこれまで属性の評価がよくなかった方でも、かなりの確率でクレジットカードを手にすることが出来るのです。

まだ、武富士やアコムの利用経験のない方は試す価値はあると言えるでしょう。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/03(木)
UFJニコスは新型低金利ローンカード、マイベスト ビズの発表と共にホットなビズキャンペーンを開始しています。

このキャンペーンは、カード発行者全員に1000円のギフトカードをプレゼントし、利用者の中から抽選で30名にipod nanoが当たるというものです。

このようなプレゼントキャンペーンはクレジットカードではよくあることですが、キャッシング・ローンの専用カードでは珍しいことと言えます。それだけユーザーの囲い込みに必死になっているということでしょう。


一方、マイベストビズのライバルとなるJCBファーストローンプラスも8月に入ってから魅力的なキャンペーンを開始しました。これは、当選者の数は少ないもののその分当たれば大きいというタイプのキャンペーンです。

プレゼントの内容は抽選で5万円のキャッシュバック、折り畳み式のランボルギーニフォールディングバイク、という豪華な内容となっています。


このあたりからも両社が相手を意識して競争していることがわかります。

こうした競争が起きるのはユーザーにとっては非常に良いことです。どんな業界でもそうですが、競争の少ない業界ではユーザーにとって不便な状況や利用しにくい状況が生まれます。
お役所周りのサービスが不便なものばかりなのはそういう理由もあるでしょう。

消費者向けの金融業界で言えば競争が激しくなるにつれ、このマイベストビズやJCBファーストローンプラスのようにどんどん低金利カードが生まれ、キャンペーンでも競っています。

そして審査に関しても、新サービスではより柔軟なものになるということも期待できるのです。

今回、JCBの方では個人事業主・パート・アルバイト・主婦の方は申し込みは出来ないとハッキリ言っていますが、これは業務の効率という観点から言っても仕方がないことです。その分、条件に合う方に対しては出来るだけ柔軟な対応が出来るように動いてくれます。

マイベストビズの場合は特に制限はありませんが、女性のパート・アルバイトの方や少額利用を希望する方はマイベストミューという女性向けカードがあるのでそちらを利用されると良いでしょう。


低金利ローンカードでは大手の激しい競争が続き、ユーザーにとってはかなり利用しやすい状況が続いています。また、貸し出し金利の規制や融資額の規制の方針が確定していない今が、審査基準の引き締めもまだ行われていないため、ベストなタイミングと言えるでしょう。

良いサービス選択・利用タイミング・計画性、この3点を考えることで、より賢くキャッシングを利用することが出来るのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/02(水)
8月に入り、低金利ローンでは新たなカードも登場しています。一方、クレジットカードの方は7月分の人気・評判調査の結果が出来ましたのでランキング形式でお伝えしていきます。


まず、最も人気が高かったのはOMCのJiyu!da!カードです。

このカードは支払い時期・支払い額を自由に選べることが大きな特徴です。月々の最低支払い限度額は5000円。それさえ守れば、後はお金に余裕が出来たときに支払えばよいという柔軟なサービスになります。

今回1位となったのは、入会すると1000円のギフトカードプレゼントというキャンペーンに加えて、5人に1人5000円が当たるキャンペーン、ハワイ旅行が当たるキャンペーンという特典があったことが理由の一つでしょう。

どちらか1つしか申し込みは出来ませんが、より高確率を望む方は5人に1人5000円のキャンペーンを、大きな当たりを目指す方はハワイ旅行キャンペーンを選択しているようです。


次に人気があったクレジットカードはシェルスターレックスカードです。
レギュラーガソリン価格は8月に入って150円/1L近くにも上がってしまいましたが、支払い時にこのカードを利用すれば割引価格で給油出来るという点が人気の理由です。

特にカード発行の翌月まではハイオクで1L当たり10円、レギュラーで5円安くなるため、出費がかさんでいる方には特にありがたいサービスと言えるでしょう。

最近はガソリン価格が上昇しているせいか、ガソリン支払い専用のクレジットカードという位置づけで、これらのカードを持つ方が増えています。


第3位は意外かもしれませんが、OMCのゼロプランカードでした。
このクレジットカードはWEB申込後にダイエー店舗へカードを受け取りに行くことで即日発行が可能という点が魅力で、やはり週末や休日に申し込みされる方が多く見られました。

1位のjiyudaカードもそうですが、流通系の大手発行のカードということで、銀行系のカードに比べて審査が非常に甘いということや、月に2回ダイエー店舗で5%割引で買い物が出来るというお得な面も人気を集めた理由でしょう。


以上、2006年7月の人気・評判の高いクレジットカードランキングでした。
やはり、これらのカードのようにそれぞれに他にはない特長があるカードが人気となっており、目的別にカードを揃えて出費を抑えている方も増えています。

年間10万円程度の節約であれば、実現するのはさほど難しいことではありません。各カードの特典をよく調べて、上手に活用していくことが重要なのです。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/08/01(火)
ホットなビズ大キャンペーンと共に、本日UFJニコスの新型低金利ローンが誕生しました。

ここのところ、クレディセゾン、JCBと低金利ローンカード分野ではクレジットカード業界からの本格進出が目立ちますが、UFJニコスもクレジットカード大手ということで、かなりライバルを意識したサービス内容となっています。


その新サービスがマイベストビズです。
これまでUFJニコスではマイベストという低金利ローンカードを提供していましたが、それを一新し、さらに安心と低金利を追求したサービスとなりました。

これまでの一般的な低金利ローンカードでは50万円程度の融資枠の場合は金利は20%以上となってしまう場合も多かったのですが、今回のマイベストビズは金利が7.8%~17.6%となっており、低い融資額からでも安心して利用することが可能です。

これはライバルのJCBが8%~18%という金利でサービスを開始したことをかなり意識してのことでしょう。また、8月には金融庁で貸出金利の規制の方針が固まります。それを見越して最初から20%以下の金利を打ち出し、ユーザーに安心感を抱いてもらおうとしていると考えられます。

実際にこの金利帯で利用できるということはかなりありがたいと言えますし、携帯からの振込融資にも対応している点ではJCBを圧倒しているのです。

また、カード発行を必要としないネット利用専用タイプも用意されているため、少しでも早く利用したいという場合はこのタイプを選択することで通常より2~3日以上早く利用することも可能となります。

こうした携帯&PC対応やスピーディに利用できるよう工夫されている点ではこれまでの大手ローンカードと比較してかなり進化していると言えるでしょう。


8月最初の新サービスとしてかなり期待が高まるところです。JCBやセゾンカードなどのライバルに遅れを取ってしまっていることもあり、ここからの新規ユーザー獲得にはかなり柔軟な審査での対応が見込めます。

普段はなかなか難しい面もある大手の低金利ローンカードですが、今は最も利用しやすくなっている時期でしょう。こうした好条件のサービスもそのタイミングを逃さず活用することで、より確実に融資を受けることができるのです。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。