クレジットカードの審査ってどうなってるの?キャンペーン中のクレジットカードは?人気のクレジットカード最新比較情報を消費者金融・キャッシング・ローン情報に交えてお届けします。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/25(月)
最近特に審査が甘い、カード発行率が高いキャッシング専用のローンカードがあります。

それが、GMOネットカードのキャッシング方法ですが、この店舗のサービスは、かなり充実した内容となっています。

急な出費での即日、即振り込み融資から、低金利での一本化、おまとめローン、通常融資のフリーローンと、かなり幅広く行っており、実際のお申込みから融資までも早く、融資可決率がかなり高くなっています。

最近のGMOインターネットグループの勢いは非常に強く、本業のインターネット業界でも大型の提携を進めるなど事業が好調の様子でそうした影響が融資にも表れてくるものと考えられます。

現在、低金利で大きな金額の融資を検討されている方や、一本化やおまとめローンを検討されている方、即日振り込みで確実に融資を受けたいという方は、この店舗のサービスの中から、ご自身に合ったサービスを選択するといいでしょう。

さらに、融資を受けた際に今後のことも考え、イーバンク銀行の口座を開設することも重要です。
特に強制するような決まりは無いのですが、口座を開設することで、融資枠内であれば、いつでも利用することができますし、毎月の返済時も振り込み手数料が不要で、24時間利用することもできます。

現在、かなり強い融資を行なっているということもあり、短期間の新キャンペーンとはなりますが、確実な融資をと検討されている方は、今のこの時期のこのローンカードが良いでしょう。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。

スポンサーサイト
2006/09/23(土)
業界への新規参入組が低金利・高額融資・即日融資、などで多くの新規ユーザーを集めていますが、一方で、業界の古株組はお金を借りることに慣れた人にとって、そのありがたみが良くわかる便利なサービスを行っています。


例えばノーローンは「何度借りても7日間は利息無料」という業界唯一のサービスを行っていることで有名です。30日間利息無料というサービスは他にもレイクなどが行っているのですが、何度借りても最初の7日間は利息無料というのは、このノーローンだけとなります。

これは実はとんでもないサービスと言えます。このサービスを利用することで、金利の高い他社を返済をしてしまい、利用件数を減らした上で新たな低金利のサービスで借入し、そのお金をノーローンに7日以内に返済すれば、簡単に借り換えが出来てしまうというわけです。

利用件数を少しでも減らしたいという場合に活用できるサービスと言えます。ただ、ノーローンの7日後以降の利息は22.5%~28.8%と低いとは言えませんのでその点のみ注意が必要です。


他の便利なサービスとしてはプロミスの代フリが有名です。
このサービスは銀行振込を全てプロミスが代行してくれる(振込名義はユーザーの名前で行われます)サービスで、振込手数料は全てプロミスが負担、ユーザーは無料で利用できます。

例えばネットショッピングや公共料金の支払いなど、必要な銀行振込をすべてプロミスに代行してもらい、即日でプロミスに返済すれば利息ゼロで振込手数料を一切使わずに生活していくことが出来ます。

もちろんプロミスへの返済もネット上で行うことが出来ますし、その際の手数料も無料ですので、ユーザーにとってはかなり便利なありがたいサービスと言えるでしょう。他社の返済にも使えますし、このサービスでこれまで余計にかかっていた振込手数料から開放されるのです。


大手のサービスでは最初は中々気付きませんが、あるとかなり便利なサービスを始めているところが多いと言えます。大手の場合、借入件数が4社、5社となってくるとかなり難しい面もありますので、早めにこうした便利なサービスは確保しておくことが重要でしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/09/21(木)
融資審査については今後どのサービスでも段々と厳しくなってくることが予想されています。

一般的に、審査では個人信用情報機関という個人情報データーベースから融資希望者の情報を取り出し審査の材料とします。この個人信用情報機関はこれまでカード発行会社の業種別(流通系、銀行系など)によって利用している機関は異なる場合が多かったのです。

しかし、先日この業種別の個人信用情報機関の壁を無くそうということで、各社がより多くの個人信用情報機関に登録するという動きが始まりました。

これは先日からお伝えしている貸出金利の低金利化に合わせての動きと考えられますが、このように情報機関の垣根がなくなってくると、あるサービスでの借入状況・延滞などが他社に筒抜けとなってしまうため、借入件数が増えれば増えるほど審査が厳しくなるでしょう。


この流れは避けられないところですが、そうなることが予想できている現時点で、出来る限りの対応策をとっておいた方がよいでしょう。

一つは審査が難しくなる前の現在のうちに今後必要となるであろう融資枠を確保しておくという対応が考えられます。現時点ではまだ審査基準の見直しまで終えているところはほとんどありませんので、この今のうちの早めの対応が重要となります。

もう一つは、融資額全体よりもとにかく借入件数を減らすことです。3社を2社に、2社を1社にと、借入総額よりまず借入件数を減らすことの方が審査通過のためには重要となるのです。


現時点で審査の厳格化への対応策としてはこのような方法が考えられます。
当ブログでは独自の情報を元に、審査の甘い融資などを今後もお伝えしていきますが、それらの情報にプラス上記の対応を行うことでより確実な融資へとつながるでしょう。


ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。
2006/09/19(火)
キャッシングを行う場合、やはり条件の良いサービスや金利の低いサービス、審査が甘いサービスを選択することが重要となります。

これは、毎月の返済金額や完済時の総額などにも直接影響することで、希望した金額の融資を確実に受けるという意味でも、特に重要となります。

最近では、金利の低いサービスも多く、審査も甘いとされる店舗もあり、できればそういったサービスの選択がいいでしょう。


消費者金融系ではGMOネットカードでの融資が基本となります。

このサービスでは、初回から低い金利で利用でき、大きな金額の融資も可能なサービスから、即日での最短キャッシングまで、かなり幅広く行っています。


クレジット系のローンカードでは楽天MONEYエキサイトローンが良いでしょう。

このサービスでは、消費者金融系の利用が多く、審査が難しいという方でも、かなり柔軟なカード発行となっています。
さらに、エキサイトクレジットの手続き不要の100万円までの融資では、身分証も不要の女性の方でも安心なローンカードとなっています。


そして、最近特に審査が甘いとされるイコール・クレジットでは、他社のご利用が多い方でも、今までには無い柔軟な対応が期待できます。


今回は、最近人気の低金利ローンカード、金利の低いキャッシングカードということでお伝えしました。

できれば、こういった審査の甘いローンカードやキャッシングカードを利用し、仮にクレジットカードでのキャッシングを利用されているのであれば、早めに借り換えるということも重要で、それが遅くなればなるほど、毎月の返済が多く、最終的な返済総額も増えるということになります。

基本的にクレジットカードでのキャッシングは、適用される金利が高く、25~28%前後となっていることからも、現在利用しているカードの適用金利を調べてみるということも必要なのです。

ランキングに参加しています。
人気blogランキングへ応援お願いします。

2006/09/17(日)
7月以降、低金利ローンカードのサービス競争が激化しています。各サービスとも新サービスのキャンペーンを行ったり、より金利を低くするなどユーザーにとっては今は借りやすく、ありがたい状態とも言えるでしょう。

実際に利用する際にはそれぞれのサービスがどう違って、どのローンカードが本当にお得なのかということを比較して考えておかなければなりません。一度借入を行うと、個人信用情報の関係で、それから数ヶ月間は他のサービスを利用することが難しくなってしまうからです。


まず、サービスを開始してから人気を持続し続けている低金利ローンがマイベストビズです。
このサービスの魅力は1つ目に7.8%~17.6%という業界トップ水準の金利の低さ、2つ目にUFJニコスという安心と信頼感のあるブランドということが大きな特徴です。

また、利用者全員に1000円のギフトカードや抽選で30名にipod nanoをプレゼントするキャンペーン中なので、特典狙いで、お試しがてらに利用するというのも良い選択でしょう。


他、審査が甘いということが評判のカードローンが楽天マイワンです。
楽天マイワンは先日から携帯電話を操作するだけで口座に現金が振り込まれるネットキャッシング機能に対応しており、使い勝手も良くなっています。

また、融資枠が最大で500万円、金利も最も良い条件の場合は7.0%で借りられるなど、幅広い対応が出来るのが魅力的です。長期的に付き合っていくことの出来るサービスと言えるでしょう。

消費者金融自体のイメージが低下しているここ最近では、やはりこうした低金利で利用できる安心なサービスに人気が集まっています。ただ、最初にもお伝えしていますが、一度にいくつものサービスを利用できるわけではありません。サービス選択はよくその中身を確かめてから行うのが、後々まで満足できる利用法なのです。
2006/09/15(金)
最近では携帯電話を含め、インターネットを利用した振込キャッシングに対応するサービスが増えてきています。これは、ユーザーにとっても非常に便利なことと言えますし、いずれほとんどのキャッシングサービスで携帯電話に対応したサービスが受けられるようになるでしょう。

携帯電話からの手続きだけで、欲しいと思ったその時に自分の口座にキャッシュインされる点や、最初から最後まで誰にも顔を合わしたり、誰か知り合いに見られたりすることも一切ないため、ユーザーにとっては非常に便利なサービスと言えます。


最近のキャッシングの中で完全ネット対応のサービスがネットワンクラブになります。
ネットワンクラブは即日融資も可能なサービスで、手続きは最後に書類が送られてくる以外は最初から最後までネットで完結します。

この会社は店舗を持たないインターネット専業の消費者金融のため、不安を感じられる方も居るかもしれません。しかし、実はこの会社はアイフルが100%出資して昨年出来たばかりの新しい会社であるため、信用という面では安心してよいでしょう。

「アイフル」というだけで悪いイメージを持ってしまう方も多いようですが、4月に発覚した不祥事以降、アイフルは行き過ぎた営業活動を改めています。広告宣伝も未だ自粛したまま、その雰囲気はかなり変わってきていると言えるでしょう。

また、アイフル本体の営業活動が弱くなってしまっているため、ネットワンクラブなどの子会社に頼らざるを得ないというのが実情で、そうした背景もあってネットワンクラブの融資状況はとても柔軟な姿勢が感じられます。


まだインターネットに完全対応したサービスを利用したことがない方や、即日融資を強く望む方で、特に他では審査が難しいという方の場合はこのサービスを試す価値があるでしょう。
2006/09/13(水)
先日から何度かお伝えしてきていますが、ここ1ヶ月程の傾向として大手消費者金融の審査が激甘とも言える状態になってきています。

これは、最近のマスコミ報道で消費者金融そのもののイメージが悪化していることが原因で、キャッシングサービスを利用する人の数全体が減少しているため、大手の消費者金融はそれを少しでも改善するためにこうしたキャンペーンを行っているのです。


大手の中でもプロミス は特に新規ユーザーの減少がひどく、昨年に比較して約2割も減っています。それを少しでも取り戻そうと必死とも言える営業活動やキャンペーンを行っているのです。

また、貸付残高で業界1位となっているアコムでも同様のことが言えるでしょう。
アコムはつい先日も内部の不祥事が明るみになり、そのイメージを悪化させてしまいました。


しかし、これはユーザーにとってはチャンスとも言える状況であると考えられます。

なぜならイメージが非常に悪いように映るのはマスコミ報道が加熱しているからであって、実際のサービス内容や接客対応についてはむしろ以前よりも良くなっているということが言えるからです。

マスコミは少しでも記事(ネタ)になる箇所を見つけたら、これでもか、というほど叩き始めます。以前と何も変わっていないものでも言い方ひとつ、見せ方ひとつで、非常に悪いもののように映し出すことも出来てしまうのです。


もちろん消費者金融サービスをかばうつもりはありません。ユーザーを騙すようなサービスを行っているところは利用されなくなって当然と考えます。

しかし、以前から特に変化がないものや、むしろ報道を受けて改善しようとしているサービスの場合は、マスコミが作り出すイメージに惑わされることなく、利用すれば良いでしょう。

そうすることで、普段では難しいとされる大手でも簡単に審査通過する場合もあるなどのメリットも手に出来るのです。本当にお得な利用方法とは、イメージに惑わされることなく常に自分自身の基準で物事を判断していくことが必要なのです。
2006/09/11(月)
現在発行されているクレジットカードの種類は多く、あまりにたくさんありすぎるため、一体どれが審査が甘いクレジットカードなのかということを見分けるのは一般の方には難しいと言えるでしょう。

審査が甘いクレジットカードはいくつかありますが、代表的なOMCJiyu!da!カードを例にとって激甘クレジットカードの特徴を考えてみたいと思います。


まず、Jiyudaカードは毎月の返済額を自由に設定出来るカードという特徴があります。最低の毎月支払額は5000円でよいため、例えば10万円の買物をしたときに、今月は5000円だけ支払って、来月はボーナスだから5万円を支払って、それ以降は毎月5000円+利息を支払って、という使い方が可能です。

しかも振込返済やコンビニでの返済も可能なため、24時間365日気が向いたときに増額返済することが可能です。

これは、ユーザーにとってはかなり便利なカードと言えますが、カードを発行するOMCにとっても実は大きなメリットがあります。


それは、このJiyudaカードは一般的なクレジットカードと違って、初期設定がリボルビング払いの設定になっているため、毎月に返済しきれなかった金額に対し利息が発生していく点です。

先ほどの例で10万円の買物の支払いに最初の月に5000円を支払った場合、当然ですが残りの95000円をOMCが負担していることになります。ですので、95000円に対して利息が発生し、その分をユーザーはOMCに支払うことになります。

こうして利息収入が入ってくるということが発行会社にとっては大きなメリットになるのです。1人のユーザーから入ってくる利息は決して大きな金額にはなりませんが、それでもユーザー全体の利用額から言うとOMCにとっては大きな収入源となるのです。

こうしたこともあり、Jiyudaカードは発行されやすい審査の甘いカードとして人気となっています。もちろん、余計に利息がかかるのは嫌だという方は毎月の支払額を大きく設定しておけば一括払いの一般的なクレジットカードと同様に使用することが可能です。


このようにカードの特徴を見極めていくことで、審査が甘いという良さを生かしつつ、自分にとって都合の良い形でクレジットカードを利用していくことが可能となります。

審査の甘いクレジットカードを見つけるには、こうした発行会社にとってのメリットを考えてカードを探すことが必要でしょう。
2006/09/06(水)
現在、首都圏で地下鉄を利用している人は、地下鉄の車両内にある吊り革の異変に気付いている方も多いのではないでしょうか。路線にもよりますが、吊り革のヒモの部分がすべて「ネクタイ」に変わっている車両が登場したそうです。

実は、そのネクタイはすべて銀行系ローンモビットの広告なのです。ネクタイの柄も、モビットのイメージキャラクターである竹中直人が締めているのと同じデザインになっています。

大手消費者金融はどこも前年比で大きく新規ユーザー獲得数を落としていますが、それに対して「サラ金」的なイメージが少ない銀行系のモビット等は今がチャンスとばかりに広告戦略を強化しているようです。

銀行系のキャッシングサービスは一般的に金利が低く、モビットでは15.0~18.0%という低金利で融資を行っています。最高300万円まで利用出来るというのも安心感を高めるのにひと役買っています。

出資企業である三菱東京UFJ銀行やプロミスのATMをはじめ、提携金融機関やコンビニATMも使えるため出張先でも不自由なく使えます。専用のローン申込機「すぐモビ」がある店舗ならわずか5分でカード発行が出来る等、使い勝手にもよく配慮されていて好感が持てます。

なお、モビットは広告のイメージからサラリーマン、OL専用と思われがちですが、実は主婦やパート、アルバイトでも柔軟に融資を実施しています。銀行系ということで借りにくいイメージがありそうですがモビットならその点に問題はありません。

また、モビットと並ぶ人気銀行系キャッシングとしては、三井住友系列のアットローンがあります。

融資額や金利、提携ATMや申込み方法の多さはモビットとほぼ同等で、大手銀行ブランドということで安心感も負けてはいません。

審査の甘さはモビットが若干有利というのが世間の評判ですが、アットローンには銀行系には珍しく自己破産者(免責)への融資実績もあるようで、借りやすさも相当なものと考えられます。

グレーゾーン金利廃止の動き等が気になるキャッシング利用者にとって、最近のキーワードは「低金利」「借りやすい」の2つでしょう。この両方を合せ持った銀行系のキャッシングは、これからさらに人気を伸ばしてきそうです。
2006/09/04(月)
前回の投稿で発表した人気ランキングの通り、8月は特に低金利のキャッシングに人気が集まりました。大手消費者金融の落ち込み等から、低金利サービスに人気が集まる傾向はしばらく続きそうです。

もちろん金利のパーセントが低ければ利息の支払いが低くなってお得ですが、返済する期間を考えてサービス選びをすることで、よりお得にキャッシングを利用出来るようになります。


例えば、給料日の直前にいつも手持ちのお金が足りなくなって困る、という方にとってはノーローンが最適な選択でしょう。限度額が100万円なので幅広い用途に使えます。

ノーローンは全キャッシングサービスの中で唯一、何度借りても1週間は利息ゼロという便利な特典が付いています(完済していることが条件)。8日目からは22.5~28.835%の金利が付きますが、1週間以内に給料が入って返済出来れば金利0%という究極の低金利が実現出来ます。


もう少し長期間、1ヶ月以内での返済を考えているなら、レイクが有力候補です。

初回利用時だけという条件付きですが、30日間は利息が1円も発生しません。つまり翌月の給料日やボーナスで全額返済すれば金利0%を達成することが出来ます。

限度額50万円までなら約10秒で審査完了、即日キャッシングが出来るためスピードも優秀です。金利は18.0~29.2%で大手消費者金融よりも安めに設定されています。

もっと長期的に、高額の融資をじっくり返していく予定なら楽天マイワンが適したサービスと言えるでしょう。


500万円という最大級の限度額を持ち、7.0~17.8%という低金利でキャッシング可能です。長期にわたって使い続けるほど、金利が高い他のサービスよりも利息面で大きな差が出てきます。

このように見た目のパーセントだけではなく、自分がどのくらいの期間で支払い終えるかを考えながら最適なキャッシングを選ぶことで、金利負担を最低限に抑えることが出来るようになるのです。
2006/09/02(土)
9月に入って夏期キャンペーンをひと段落した店舗も多く、しばらく店舗によってはキャッシングの審査が8月よりも引き締められる可能性があります。グレーゾーン金利の廃止等でキャッシング全体の先行きが不透明な時期ですが、こういう時ほどきちんとサービスを選んで申し込んでいく必要がありそうです。

今回はサービス選びの参考になりそうな、8月分のキャッシング人気ランキングを発表します。

1位は予想していた方も多かったと思いますが、UFJニコスのマイベストビズが飛び込みました。8月から始まった新サービスとはいえ大々的なキャンペーンが効果を発揮したのか、やはり強かったです。

7.8%~17.6%の低金利、限度額300万円、しかもキャンペーン中でカード発行率が高いという3拍子が揃っています。この審査の甘さもずっと続くわけではありませんので、きちんと融資枠を確保したいなら早めの申込がベターでしょう。

次に、2位にランクインしたのはネット系の低金利ローン、GMOネットカードでした。低金利ならマイベストビズと並ぶ7.3~18.0%、限度額300万円の好条件です。

カードを発行しないタイプのネットキャッシングで、イーバンク銀行との連携も強いため24時間ネットから手軽に利用出来るのが嬉しいところです。GMOグループに入る前から女性向けローンでも実績があるため女性にも高い人気です。

3位には、柔軟審査で定評がある楽天MONEYが入ってきました。限度額200万円、12.0~18.0%の低金利はおまとめ一本化にも向き、独自の審査基準でかなり借りやすいサービスとなっています。

利用できるATMも全国に9万台と老舗の消費者金融にも負けないネットワークを持ち、もちろん電話やインターネットからの融資申込みにも対応しています。

こうして見てみると、8月の人気ランキングは低金利ローンの圧勝という印象です。どのサービスも利息制限法(金利20%まで)を守っており、今後のグレーゾーン金利廃止からも影響を受けにくいという安心感が人気を呼んだものと考えられます。

アイフルや武富士等の大手消費者金融には今ひとつ元気がありませんが、圧倒的な金利差をバックに攻勢を強める低金利ローンは、今後もしばらく台風の目となっていくことでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。