クレジットカードの審査ってどうなってるの?キャンペーン中のクレジットカードは?人気のクレジットカード最新比較情報を消費者金融・キャッシング・ローン情報に交えてお届けします。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/01/30(火)
アイフルが大幅なリストラを発表する等、キャッシング各社はかなり苦戦をしているところが目立ちますが、クレジットカード業界はそれほど深刻な状況にはなっていません。むしろキャンペーンを実施して、積極的にカードを発行しているところもあります。

その中でも、審査が特に柔軟なのは大手スーパーやコンビニグループ等、流通系のカード会社になります。

まずクレジットカード業界がそれほどピンチになっていないのは、

・カード年会費
・キャッシング利息、ショッピング手数料
・加盟店手数料

といった収益源がいくつもあるからです。キャッシング利息しか収益源がない消費者金融にくらべるとグレーゾーン金利の廃止による影響が少なく、経営に余裕があるのです。

それに流通系のカード会社なら、クレジットカード自体から収益を得る必要さえありません。たくさんのユーザーにクレジットカードを持ってもらい、そこへ自社グループ店舗で使えるショッピング割引などを付けておけば、本業のスーパーやコンビニ売上で利益を上げることが出来るからです。

そんな事情があるため、クレジットカードを年会費無料にしたり、審査を柔軟にしてどんどんユーザーを増やそうとしているのです。

大手コンビニのサークルK・サンクス系列(UCSグループ)が発行しているKARUWAZAカードは、そうした審査が柔軟な流通系クレジットカードの代表です。

年会費は永久無料なのに国内・海外旅行保険やショッピング保険が付き、電子マネーのEdy(エディ)機能を標準装備しています。発行元のサークルKやサンクスなら、たとえ100円のおにぎりを買うときでも現金不要なクレジット決済が出来るなど、便利に使っていけます。

キャッシング金利も18.0%とかなり低めで、まさにダイエー系列のJiyu!da!カードと並ぶ「万能クレジットカード」といえます。ちょうど2月までは入会者すべてにギフトカードがもらえるキャンペーン実施中のこともあり、審査柔軟なチャンスを狙うなら今が最高のタイミングと言えるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
スポンサーサイト
2007/01/26(金)
これだけ今のようにキャッシングサービスの種類が増えてくると、ほとんど違いがないように見える店舗もあります。ただ、似たような条件のサービスならどこを選んでも同じかと言えば、そうではありません。細かく見ていくと、かなり違いがあることも少なくないのです。

今回はその例として、よく性格が似た信販系の人気キャッシング、マイベストビズJCBファーストローンカードを比較してみます。

まず両社に共通しているのは、300万円という圧倒的に高い限度額を誇り、金利もかなり安めに設定されているところです。マイベストビズが7.8~17.6%、JCBファーストローンが8.0~17.8%と、わずかな違いがありますがどちらも業界トップクラスの条件になります。

さらに共通点としては、利用できるATMが全国にそれぞれ15万台以上もあるという使いやすさがあります。もともと両方ともクレジットカード分野では全国トップブランドなので、そこで得てきたATMネットワークがキャッシング専用サービスでも生かせるのです。

ただ、それ以外では異なった点もかなり見られます。

私たちユーザーにとって大きな違いは、キャッシング手段がオンライン対応しているかどうかです。JCBファーストローンは振込みキャッシングに対応していますが、電話を使ったサービスになります。その一方でマイベストビズはといえば、電話キャッシングの代わりにネットキャッシング(パソコン・携帯)が中心になっています。

ユーザーの方がネット融資を重視するかどうかによって、ベストなサービス選びが変わってくるでしょう。

また、どちらも基本的にサラリーマンを中心にしたビジネスマンが対象のローンですが、申込み条件が少し違っています。

JCBファーストローンは最初からパートやアルバイト、主婦の方にはカード発行できないと決められていますが、マイベストビズは申込みOKとされています(ただし融資枠が20万円まで)。もしも雇用形態が社員でない方は、申込みする前にしっかり注意したいポイントです。

これだけ見ればマイベストビズのほうが有利に思えますが、JCBファーストローンは融資枠が最低50万円~と、10万円~のマイベストビズを上回っています。両社とも審査が決して甘くはないですが、審査に通ってしまえばJCBファーストローンの高めの融資額が魅力だとも言えるでしょう。

つまりどちらが有利という見方でなく、どんな使い方を重視するかによって選ぶサービスが変わってくるということです。

なお、どちらもインターネットから申し込んで入会すれば1000円分のギフトカードが当たるキャンペーンを実施中で、その締切りが今月末に迫っています。どちらのカードを選ぶにしても、審査が甘くなるキャンペーン期間を活用したいなら、早めの申込みがベストになるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/01/25(木)
消費者金融やクレジットカード等、すべての融資サービスは必ずお金を貸す前に、ユーザーに対して審査を行ないます。貸したお金が返ってこなければ商売にならないので、いうまでもなく審査するのは当然のことです。

それでもたまに、ヤミ金でもないのに「無審査で融資!」と宣伝している業者が見られます。

なんとなく不思議に感じますが、これはクレジットカードの融資枠を現金化する業者の宣伝なのです。

その簡単な仕組みは、

・ユーザーが業者の指定する商品を、自分のクレジットカードで購入する
・購入額の一定割合(80~90%が多い)がキャッシュバックされる
・あとはユーザーがクレジットカード会社に毎月返済していく

といった流れになります。ユーザーの返済先が業者にではなく、クレジットカード会社になるのが一般的な融資との違いです。

こうした業者は貸金業の登録をしていないので、正確には「融資する」のではなく「購入代金に応じてキャッシュバックする」という表現になります。これによって違法性をなくそうとしているわけです。

ご存じの方も多いと思いますが、クレジットカードのショッピング金利は、普通の消費者金融よりもかなり低く抑えられています。そのため、キャッシュバック率が80%(50万円の商品を買えば40万円)でも、それなりに低金利になります。

何よりも消費者金融と違って、クレジットカードのショッピング枠に余裕さえあれば無審査で即日に現金を手に入れられます。

ただ、こうした業者は合法性を強調していますが、たいていのクレジットカード会社では「カード枠を現金化することは契約違反」と定めているので、下手をするとカード会員の資格を奪われてしまう可能性があります。

また、貸金業者の登録をしていないため、何かトラブルがあっても貸金業規制法や出資法で処罰できないことも十分考えられます。つまりユーザー側にとっても、リスクは決して低くないのです。

もちろんすべてが悪質な業者とは言い切れませんが、もし利用を考えるときには決してノーリスクでないことを心構えとして持っておくのが無難です。むしろ、無審査でお金を借りなければいけない状態になる前に、柔軟・低金利キャッシングのNISグループイコール・クレジットなどを利用して借入額を低めに抑えておくのが、賢いキャッシングカードとの付き合い方と言えるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/01/23(火)
サラリーマンや主婦の副業として、または脱サラして自分で事業を興す人がここ何年かは増えています。その背景にはインターネットの普及でビジネスチャンスが広がったことや、会社法が改正されて事業がやりやすくなった等の理由があるためでしょう。

しかしいくらアイデアがあっても、それを実行するには資金が必要になります。銀行でローンを申し込むという方法もありますが、担保や保証人を求められる上に審査が厳しく、時間もかかってしまいます。

かといって消費者金融のキャッシングでは限度額が少なめになってしまいますし、そもそも「事業目的で使ってはいけない」とほとんどの店舗で個人向けローンを事業に使うことは禁止されているのです。

そんなときに便利なのは、個人または法人の事業者だけを対象にしたビジネスローンになります。

2005年に登場したばかりのビービーネットファイナンスは、3つの融資プランを用意し、中小企業や個人事業者のユーザーから高い評価を得ています。

一番お手軽なプランは「ショップサポート300」で、限度額300万円と金利15.0~18.0%のバランス良い融資条件になっています。

しかも、

・担保、保証人が原則不要
・融資枠内なら何度でも途中で追加借入れができる
・印紙代や事務手数料がいっさいかからない
・最短で即日に融資が受けられる
・業歴(経営期間の長さ)が短くてもOK
・個人事業者もOK

など、何となく面倒そうに思っていたビジネスローンのイメージを180度変えるような絶好のサービス体制になっています。これならどんな資金需要でもほとんど対応することが出来るでしょう。

さらに業歴が2年以上、保証人が1名必要などいくつかの条件は付きますが、より高額な500万円、1000万円までの大型融資プランも用意されています。過去に開業のためいくつかのローンを利用していた場合でも、限度額500万円で金利9.0%の「ショップサポート500」に借り換える等、おまとめ一本化にも使っていけます。

もともと運営元の親会社であるビービーネットは金融だけでなく、中小企業をおもな対象にしてビジネスサポート全般を行なっている企業グループです。ビジネスローンはその事業の中核にあるため、破格ともいえる条件のローンで経営者を強力にバックアップできているのです。

事業資金をすばやく調達したい方、これから開業しようと思っている方にとっては、実に頼もしいサポートサービスだと言えるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/01/22(月)
キャッシング店舗にはその会社がどんな業種かによって消費者金融系・IT系・信販系・銀行系などに分けることが出来ます。もちろん各社それぞれサービス内容に個性があるのですが、面白いことに系列が同じだと、店舗が違ってもサービスの特徴が似てくるのです。

そうした中でもキャッシング利用範囲の広さで共通したメリットを持っているところを選ぶなら、信販系カードローンがもっとも有力な候補になってきます。

たとえばマイベストビズは、大手クレジットカード会社のUFJニコスが提供する信販系キャッシングサービスです。

昨年の夏から正式サービスを開始したばかりなのに関わらず、すでに利用可能なATMネットワークが全国15万台、ネットや携帯からの振込みキャッシングに対応といった万全の体制を揃えてしまっています。

古くからある消費者金融系のキャッシングですら、まだ完全にネットキャッシング環境を整備していないのに比べると、驚きの充実ぶりです。UFJニコスが資本力のある巨大企業なのに加え、長年のクレジットカード発行で得てきたサービスのノウハウが蓄積されているからと言えるでしょう。

つまりキャッシングに新規参入したといっても、クレジットカード時代の経験が生かしやすいのです。限度額は同じ300万円、金利も最低7%台~という高レベルな融資条件を展開し、多くの消費者金融を押しのけて人気キャッシングの一角になっています。

また、ライフプレイカードも似たような性格を持ったカードローンです。

こちらは新規参入組ではなく、アイフルの子会社として以前から発行されているキャッシング専用カードになります。

やはり信販系のローンカードなので利用範囲が広く、ATMと振込みキャッシングの両方に標準対応しています。さらに信販系にしては珍しく全国200以上の店頭窓口でもキャッシング申込みができ、どんな使い方にも対応することが出来ます。

金利は18.0%~とマイベストビズより少し高めですが、200万円の十分な融資枠を持ち、おまけに審査が信販系とは思えないほど柔軟です。

このように信販会社のカードローンならどんな使い方も出来るので、あとはユーザーそれぞれの好みや状況によって選んでいくと良いでしょう。ATMとネット融資をバランス良く備えて低金利なサービスならマイベストビズが、店頭窓口もあって柔軟審査を希望するならライフプレイカードが、より条件に合ったベストなサービスだと言えるのです。

消費者金融人気サイトランキング
2007/01/18(木)
前回のエントリーでネットオークション関連の話題が出たのに続き、インターネットと相性の良いキャッシングサービスを今回は紹介していきます。

昔は消費者金融といえば駅前等にある店頭窓口・ATMまで出向いて融資を受けるのが普通でしたが、現在はネット環境が広がったため申込みから融資、返済まですべてインターネットで完結できるサービスが増えています。

ネットショップでおなじみの楽天グループが運営する楽天マイワンは、さすがにIT系企業だけあってネット関係のサービス体制が充実しています。

さまざまな金融機関と提携して全国80000台ものATMを確保しているほか、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば24時間いつでもオンラインから即時振込みキャッシングが受けられます。携帯キャッシングにも対応しているため、パソコンがない場合でも問題なく振込みが出来ます。

さらに限度額500万円、金利7.0~17.8%という好条件を備え、店頭窓口にこだわらないネットユーザーから高い支持を得ているのです。

また、同じIT系キャッシングとしてはGMOネットカードも有力なサービスです。

目的にあわせて3つの融資プランを持っているのが特長で、もっともポピュラーなのは50万円までの「キャッシング50」でしょう。審査が激甘なので誰でも融資が受けやすく、即日スピードの融資に対応します。

他にも最短15分という超スピードの「キャッシング5(限度額5万円)」、おまとめ一本化にも使いやすい限度額300万円、金利7.3~18.0%の「キャッシング300」を備え、選択肢の多さが魅力です。女性専用ブランドにベティローンを用意し、どんなユーザーにも対応できます。

ジャパンネット銀行をメインにする楽天マイワンとは違い、GMOネットカード系列ではイーバンク銀行を推奨しています(他行でもOK)。イーバンク口座があれば夜9時までの申込みが当日扱いで振り込まれ、普通の銀行が閉まっている夜間でも問題なく使えます。

キャッシング用のカードを発行しないカードレス形式ですが、近所にあるセブンイレブン等のATMを使えば引き出し・返済は24時間いつでも自由なので不便を感じることはほとんどありません。

こうしたネット系のキャッシングは店頭窓口を持たず低コスト体質なので、その分だけ金利が低く高限度額のサービスが提供でき、これからはカードローン業界の主流になっていくでしょう。次世代のキャッシングサービスをいち早く使いたいユーザーの方は、ネット銀行とあわせて申し込んでおくのが良い選択になります。

消費者金融人気サイトランキング
2007/01/17(水)
ネットオークションに便利なキャッシング

ここ何年かでインターネットを使ったオークションが普及し、たいていの物は購入・売却が出来るようになってきました。しかもほとんどのオークションは値段が市価より安いので、普段からよく使っている方は多いでしょう。

しかし安いからといえ、場合によっては手持ちが足りないこともあります。そんなときに備えてネットオークションと相性の良いキャッシングを知っておけば、いざというときに便利です。

まず大手のなかでは、プロミスがネットオークション向けのサービスを提供しています。

「代フリ」と呼ばれるサービスはプロミス会員なら誰でも無料で使え、融資の振込先を自分の口座だけでなく、他人の口座に指定できます。

つまり普通なら消費者金融のキャッシングを使って誰かの口座に振り込むときは

・プロミス → ユーザー → 他人の口座

という手間がかかりますが、「代フリ」を使えば

・プロミス → 他人の口座

とダイレクトに入金してくれるのです。しかも振込み手数料は一切かからず、相手の通帳に表示される振込人の名義も「プロミス」ではなく会員本人の名前を選べます。これなら「お金を借りて落札したんだ…」とオークション出品者に知られることはありません。

手数料がいっさいかからないので、オークション利用件数が毎月何十件もあるような方だと、振込み手数料だけでもかなりの額が節約できるでしょう。

プロミスは大手だけあって審査が非常に甘く、限度額50万円、金利17.8~25.55%と大手のなかではきわめて良心的です。即日スピード融資にも対応し、まさにネットオークションには最適なサービスの1つと言えるでしょう。

また、オリックスVIPローンカードもオークションと相性抜群のサービスです。

限度額300万円に7.7~17.6%の低金利が魅力なのに加え、ジャパンネット銀行の口座を持っていれば「24時間いつでもキャッシング・返済」が出来るメリットも見逃せません。

プロミスのような店頭窓口こそありませんが利用可能なATMネットワークが全国にたくさんあり、パソコンや携帯電話を使った24時間キャッシングに対応しているので不便は感じません。むしろ店頭窓口を置かない分だけコストが浮き、低金利な融資サービスを実現できているのはうれしいところです。

ジャパンネット銀行はオンラインで好きなときに利用できる銀行口座で、ネットオークション出品者が振込先に指定することも多いため、まだ口座を持っていない方は申し込んでおくと何かと便利でしょう。振込み手数料も格安になっています。

このように、以前なら「ただお金を借りるだけ」といったイメージの多かったキャッシング業界ですが、現在はプロミスやVIPローンカードのように進化したサービス体制を持ったところもあります。

これらをうまく活用すれば、より充実したネットオークションが楽しめるでしょう。


消費者金融人気サイトランキング
2007/01/16(火)
カードローン各社の詳しいサービス内容は公式WEBサイト等を見れば書かれていますが、その一方でユーザー同士の口コミ情報も意外と無視できません。というのも、キャッシング会社自身がサイト上に「今なら激甘審査!」と書くわけにいかず、「キャンペーン中」といった遠回しな表現になってしまいがちだからです。

これがユーザー間の非公式情報だと、激甘審査やお得なローンの情報がわかりやすい形で入ってくるのです。

そうした中で去年の秋からずっと高い口コミ評判をキープしているのが、ニッシンから改名したNISグループのスピードローン「ファーストプラン」になります。以前まだ金利が高かった頃は「消費者ローン50」の名前で呼ばれていましたが、利用したことがある方も多いでしょう。

このプランがもっとも優れているのは、低金利と即日キャッシングを両立させながら、きわめて審査が柔軟になっている点です。27%を超えていた金利が去年の10月から15.0~18.0%に大きくダウンし、銀行系キャッシング並みの低金利になりました。

それでも審査の甘さが以前と変わらず、結果として最高クラスのバランスを持ったスピードローンに生まれ変わったのです。

ただ、NISグループは通常の限度額が50万円になっているため、おまとめ一本化を目指したいユーザーの方には不足する場合があります。

そんなときは、口コミ評判が高い銀行系キャッシングサービス、モビットを選ぶのが良いでしょう。

おまとめにも余裕の300万円という限度額を持ち、金利はグレーゾーンを完全にクリアした15.0~18.0%の低水準です。残念ながらNISグループほどの激甘審査ではないものの、他社にくらべて柔軟なカード発行がされています。

実際にかなり高い融資が下りたという口コミ情報が多く、ここ数年で急激にユーザー数を増やしているという評判通りのサービス体制と言えます。

消費者金融の公式サイトにある情報だけでなく、こうしたユーザーによる口コミ情報を活用していけば、質の良いサービスを誰よりも早く見付け出すことが可能になるのです。


消費者金融人気サイトランキング
2007/01/14(日)
前回のエントリーで大手消費者金融のサービス変更についてお伝えしたのに続き、中堅キャッシング店舗についてもサービス再編・リストラ事情を紹介していきたいと思います。特にクレディア、スタッフィ、レイクの3社は柔軟融資でユーザー数も多いため、気になる方は多いでしょう。

まず高額・低金利キャッシングで知られるクレディアは、去年の末に「2007年2月までに全ての店頭窓口と自社ATMを閉鎖する」と思い切ったリストラ案を発表しました。つまり店舗とATMが使えるのは今月いっぱいで終了ということです。

2月からは低金利のキャッシングプランを変えず、申込み方法がほぼインターネットだけに集中される形になります。ただしATMについてはクレディア直営のものだけが閉鎖され、提携ATMネットワークはそのまま残っていきます。

コンビニATMが今後も使えるので、サービス体制が変わってもそれほど不便を感じることは少ないでしょう。むしろこの厳しいキャッシング不況の中で、200万円まで7.5~18.72%の低金利で借りられるプレミアムプランが残ったのはありがたいことです。

次に、スタッフィもクレディアほど大規模ではありませんが、今年2月に一部の店頭窓口とATMサービスを停止するアナウンスがされています。

融資プランについてはそのまま変わらず、200万円までの激甘スピード融資に加え、去年11月に登場したばかりのおまとめ専用ローン(限度額300万円)が利用出来ます。もちろん閉鎖されない店舗が多いですし、ネットキャッシングや提携ATMが残るためサービス低下の心配はなさそうです。

運営元になる阪急阪神グループは合併(阪急と阪神グループ)効果のおかげか、グループ全体の営業収益が約40%もアップしています。この影響がスタッフィのサービス改善にプラス面で出てくるのも、そう遠くはないでしょう。

そして、レイクについては少し特殊で、サービスが低下するどころかATMに新機能(カードレス返済、両替機能など)が追加されるといった強化がされています。

各社がリストラに励んでいる現在、わざわざサービス強化するのは珍しく感じますが、これは運営元のGEグループが去年の末に「GE Moneyカードローン」のサービスを停止し、レイクブランドの運営に集中し始めたからと考えることが出来ます。

つまり「GE Money」「レイク」の2ブランドで展開していたものが、レイクだけに絞り込まれたことになります。このあたりはクレディアやスタッフィとは違った特殊な事情なので、むしろ今年はレイクに低金利プランが登場する等、新しい展開が期待出来るかもしれません。

このように、ひとくちに中堅キャッシング店舗といってもサービス再編の事情と実施状況はさまざまです。

ただしクレディアは東証一部上場企業、スタッフィの阪急阪神グループは日本第3位の大手鉄道会社、GEグループは世界規模の巨大企業というように、3ブランドともスケールの大きな企業グループによって運営されています。

キャッシング全体の不況によって廃業していく消費者金融も多い中、少なくとも今回の3サービスは安心感が高いブランドだと言えるのです。


消費者金融人気サイトランキング
2007/01/13(土)
このところ大手消費者金融が店舗やATMを閉鎖する等、リストラに関するニュースをよく目にします。そのせいか大手は苦戦ばかりしているようなイメージを持ってしまいがちですが、実は必ずしもそうとは限りません。

すでに何社かはサービス内容を強化する等、新規参入組のカードローンに対抗するための体制を整えているところもあるのです。

その最有力なのは武富士で、早くも去年10月の段階で限度額100万円、金利9.125%の新型プランをスタートさせてきました(新規ユーザーには金利18.0%)。また、社員すべてに研修を受けさせる等、全社そろってのサービス改革に乗り出し、イメージ回復を果たしています。

今のところ大手で新型ローンは武富士だけですが、アコムは今年のお正月から「NETdeお得な金利プラン」を正式サービスとして追加しました。

初回ユーザーには通常より安い15.0~24.0%の金利でキャッシングを行い、もともと大手のなかでも屈指の低金利だったアコムのお得感をさらに高めています。3月までに店頭窓口を統合して低コスト体質を目指す方針を発表しており、コストダウンが成功した後は武富士と同じように低金利プランのスタートが期待できるでしょう。

また、プロミスはアコムと同じようにサービス再編の最中ですが、この年明けからWEBサイトをリニューアルし、個人向けだけでなく事業者ローンも積極的に前面に出してきました。

個人向けの低金利キャッシングはまだ登場していませんが、事業者向けには限度額300万円、金利15.0~19.8%とかなり有利なプランが登場して使いやすくなっています。

もちろん今回紹介した大手の3社は、他社での利用件数が3件以内であれば格段に審査が甘く、女性の方でも高い確率でカードを発行することが出来るメリットもあります。そんな柔軟審査を残しつつ、まだまだサービス内容は改善されていくため、今年の大手キャッシングは特に目が離せない存在になっていくでしょう。


消費者金融人気サイトランキング
2007/01/09(火)
消費者金融系カードローンの大半が苦戦する中、大手銀行がバックについている銀行系カードローンは現在も順調にユーザー数を伸ばし続けています。もっともメジャーな2社、三菱東京UFJ系のモビット、三井住友系のアットローンといえばテレビCM等で知っている方は多いでしょう。

どちらのサービスも前年比で20%ほども業績(新規会員数や融資残高など)をアップさせており、その好調ぶりは際だっているといえます。

この理由はいくつか考えられますが、やはり低金利キャッシングへのユーザーの関心が以前よりも高くなったことが第一でしょう。

去年までは金利25%を超えるキャッシングが当たり前のように思われていましたが、「グレーゾーン金利」という言葉が広がって、さらに信販系をはじめとした低金利キャッシングがどんどん登場してきました。

そこでユーザーが「金利」という言葉に敏感になり、ずっと以前から低金利で融資を続けてきた銀行系ローンにも人気が集まったと言えます。実際にモビットとアットローンは限度額300万円、金利15.0~18.0%に設定され、一般的な消費者金融にくらべると圧倒的な好条件が魅力になっています。

また、アイフルや三洋信販など大手消費者金融の不祥事が続いたことも、銀行系キャッシングには結果として追い風になりました。イメージダウンした大手からユーザーが離れていき、あまり消費者金融のイメージがない銀行系サービスに借り換える動きが出てきたのです。

それに加え、モビットもアットローンも去年からテレビCMや電車内の広告などへ積極的に宣伝を出すように戦略を変えてきました。これがビジネスマンを中心に多くのユーザーに知られることとなり、新規の申込数が増えたと考えられます。

つまりここ最近のキャッシング業界をとりまく動きは、その多くが銀行系キャッシングにとってプラスに働いたと言えるのです。

去年から今年にかけて多くの消費者金融でサービス内容の変更があったり、廃業するところが増えたりしていますが、銀行系のモビットやアットローンで今のところそういったリストラの話は出てきていません。

むしろ他社が足踏みしている今のうちにもっとリードを広げようとする可能性が高く、まだしばらくは銀行系キャッシングの柔軟融資は続いていくでしょう。



消費者金融人気サイトランキング
2007/01/08(月)
去年の秋あたりからノーローンの審査が、以前よりも甘くなったというクチコミ評判を聞くことが増えました。キャッシング業界の不況によって審査を引き締める店舗も出てくる中、100万円まで借りられて「何度でも1週間無利息」のノーローンで審査が柔軟になったのなら喜ばしいことです。

実際にどうかと思ってノーローンが発表している資料を見たところ、たしかに去年の9~10月を境にして成約率(審査通過率)が上がっているようです。キャッシングユーザーの平均年収等がそう簡単に増えることはないため、これは本当に審査基準が甘くなったと見ても良いでしょう。

去年のこの時期はノーローンで

・ネットを使った「リアルタイム取引」サービスの開始
・24時間サービス対応の自動契約機を全国で増加した
・ポイントサービスの導入

といった大きなサービス改定が多くあったタイミングでもあります。

そして同時に有人店舗を閉鎖し、従業員数を3割くらい減らしてスリム化した時期でもありました。おそらくこうしたリストラによって大幅なコストダウンに成功し、新サービスを次々に導入したり、審査基準を緩めることが出来たのだと考えられます。

他社をみると審査基準を厳しくするだけでなく、30年以上も続いた老舗ブランドが廃業するなど、大きな業界全体の再編が進んできています。

しかしその動きに飲み込まれることなくサービスの質を上げていくノーローンは、親会社である新生銀行のバックアップもあって、今後も順調にキャッシングを続けていくことが出来るでしょう。



消費者金融人気サイトランキング
2007/01/07(日)
普段からカードローンを利用している方はご存じかと思いますが、最近は消費者金融の返済は「リボルビング払い」を採用するところがほとんどになっています。借入額が10万円までなら毎月わずか3000円程度の支払いで済むところが多いため、無理なく返していけるのがリボ払いの利点です。

しかし逆にいえば、毎月の返済額が少ないために「まだまだ借りても大丈夫」と思ってしまい、多重債務のリスクが大きい弱点もリボ払いにはあるのです。特にクレジットカードで日本よりもリボ払いが普及した欧米では、「リボルビング破産」とも言えるような破産が急増しています。

そんな借りすぎを避けたいなら、プリーバのようにリボ払い以外の返済方式を選べるカードローンを利用する方法があります。

プリーバは他社のローンとは違って

・リボルビング払い
・元利均等払い
・元金一括払い

といった3種類の返し方に対応しています。

元利均等払いはリボルビング払いと同じく毎月の返済額が決まっていますが、最初にきちんと返済回数が決められます。そのため、リボ払いのように「つい借り足してしまい、返済が永遠に終わらない」といった誘惑を防ぐことが出来るのです。

計画的なローンを利用するにはベストな方式だと言えるでしょう。利用額は300万円までと非常に大きく、旅行や結婚、出産など幅広い用途に使っていけます。

そして3つめの元金一括払いは、借入から11ヶ月目までは毎月利息だけを支払い、最後の12ヶ月目に元金すべてを一気に返済する方式です。トータルで支払う利息額が少なくて済み、ボーナス等を利用してまとめ払いしたい方に最適です。

好きなときに追加キャッシングを受けたいなら通常のリボ払いを、返済回数をきちんと最初から決めて多重債務を予防したいなら他の支払い方法を選ぶといった、ユーザーそれぞれが自分の目的にあった借り方をしやすいのがプリーバのメリットなのです。



消費者金融人気サイトランキング
2007/01/04(木)
グレーゾーン金利の廃止が決まっていることもあってか、消費者金融の各社は様子見ムードが強く、あまりキャンペーンを行なうところは見られにくくなってきました。しかし一方、クレジットカード業界になると事情は少し変わってきます。

消費者金融はユーザーの支払う利息しか収益源がありませんが、クレジットカードには利息のほか、加盟店からの手数料、ショッピング金利、カード年会費等のさまざまな方法で利益をあげることが出来ます。

つまり比較的柔軟に、また強気にキャンペーン等がしやすくなっているのです。

ガソリン価格が高騰した去年からユーザー数を急激に伸ばしてきた出光カードまいどプラスも、そうした強気な発行をしているカードの1つです。

今回の入会キャンペーンは1月末までの実施で、期間中にカード発行したユーザーには抽選でオリジナルトラックの模型(非売品ミニカー)がプレゼントされます。さらに通常はカードを使って給油したときの割引額がリッター当たり2円ですが、最初の1ヶ月のみ5円引きと大幅な割引になります。

カード自体は年会費がいっさい不要で、ポイント還元サービス等が付いているため自動車ドライバーの方は1枚持っておくとかなり便利に使っていけるでしょう。

また、去年の一番人気クレジットカードだったJiyu!da!カードも現在キャンペーン中で、カード入会といっしょにイーバンク銀行の口座に申し込めば、OMC独自の「わくわくポイント」が無条件で500ポイントもらえます。

これは昨年12月からOMCとイーバンク銀行の提携が本格化したことを記念するもので、Jiyu!da!カードの会員なら通常は1000円かかるイーバンクキャッシュカードの発行が無料になったりお得な特典がいろいろ付いています。

期間中の1月末まではいつも激甘発行なJiyu!da!カードがさらに柔軟審査になるので、サービス特典豊富な年会費無料クレジットカードを手に入れたいなら、今がまさにチャンスと言えるでしょう。

このように同じクレジットカードでもキャンペーン期間をうまく狙えば、審査が甘くなる上に普段よりお得な追加サービスを受けることが出来るのです。


消費者金融人気サイトランキング
2007/01/01(月)
年が明けて2007年になりましたが、まだまだキャッシング各社は正月休みということもあって静かな動きになっています。しかし正月で窓口やATMが閉まっているとはいえ、融資を受けたいと思う方もいるでしょう。

そんな場合は、年末年始でも休みなくサービスを全国で展開している大手の消費者金融がもっとも頼れる存在になってくるのです。

大手の中でも営業時間や日数の面で最高のサービス体制を持っているのが、アコムになります。

ライバルの武富士やプロミスはATMを元日(1月1日)だけは閉めていたり、深夜や早朝に稼働していない等の「空白時間」がどこかにあります。ただ、アコムだけは元日からATMを稼働させており、深夜も早朝も関係なく24時間サービスを行なっています。

また、新規ユーザーの申込みに対する回答も1月2日からさっそく再開する等、正月シーズンと言っても抜かりがありません。ライバル他社が休んでいる間、自社WEBサイトに「明けましておめでとうございます」メッセージが付いた正月専用のトップページを載せるなど、アコムならではの心遣いが見られて好感が持てます。

もちろんアコムのいつでもキャッシング利用出来るサービス体制は、お正月に限らず普段の土日・お盆休み等でも変わりありません。去年はアイフルや三洋信販の不祥事もあってイメージダウン被害を受けたアコムですが、今年はいっそうのサービス強化とイメージアップが期待出来そうです。


消費者金融人気サイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。