クレジットカードの審査ってどうなってるの?キャンペーン中のクレジットカードは?人気のクレジットカード最新比較情報を消費者金融・キャッシング・ローン情報に交えてお届けします。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/02/27(火)
キャッシングで利用したお金の返済方法はいくつかありますが、多くの店舗では1種類の返し方しか選べないように制限されています。

ごく標準的なキャッシング店舗を例にすれば、

・返済方式は、残高スライドリボルビング方式のみ
・支払い方法は、銀行への振込みのみ

といった感じに決まっているのです。

返し方が決まっていると迷う必要がないので便利に思えてしまいますが、やはり選択肢が少ないのは余計な手間やコストがかかるデメリットも少なくありません。

そんな中で低金利キャッシングの元祖・オリックスVIPローンカードは、キャッシングの返済方法をユーザーの好みで選べるようになっています。

VIPローンカードで選べるのはリボルビング払いが基本ですが、「残高スライドリボルビング」と「元利込低額リボルビング」の2つから選ぶことが出来ます。

まず残高スライドリボルビングは、他店でもよく使われている方式で、借りている総額に応じて毎月の返済額が決まっていきます。たとえば借入総額が50万円までなら毎月1万円、100万円までなら2万円といった具合です。

次に、元利込低額リボルビングというのは、利用額に関係なく毎月同じ額だけ返していく計算方法になります。たとえば「50万円コース」で契約しているユーザーなら、実際の利用額が10万円でも50万円でも、毎月の返済額は1万円になります。

この2タイプからユーザーは自由に選ぶことが出来る上に、ボーナスが出て余裕があるときは好きな額だけ上乗せして返すことも可能です。つまりそれだけ早く完済できて、利息も少なくて済むわけです。

また、支払い方法も選べるようになっています。銀行口座からの自動引き落としを選んでおけば、うっかり支払いを忘れる心配がありません。他店のように支払日が固定ではなく、毎月10日・20日・末日の3パターンから選べるのもうれしいポイントです。

自動引き落としにせずATMから振り込んで返済することもでき、最近ではインターネット(携帯もOK)からも返済が可能になりました。

たくさんあるキャッシング店舗のなかで「借りやすい」ところは多くても、ここまで「返しやすさ」にこだわった店舗は貴重です。

オリックスVIPローンカードといえば300万円の限度額、7.7~17.6%の低金利が有名ですが、実は返済方法の多さでもトップクラスの総合的に優れたキャッシング店舗なのです。

消費者金融人気サイトランキング
スポンサーサイト
2007/02/26(月)
去年からの流れで続いているキャッシング業界の再編ですが、最近は各社ともリストラ策がひと段落してきたのか、新しく他社との「提携」を打ち出してくるところが増えてきたようです。

大手のプロミスはその代表的なところで、

・ライブドアと提携してネットモール運営
・ジャパンネット銀行と提携して目的別ローン
・三井住友銀行と提携して事業者向けローン(予定)

など、短い期間のうちに多くの提携戦略を発表しています。ちなみに現在のプロミスは個人向けキャッシングが収益全体の90%を占めていますが、将来的には50%まで引き下げ、ネットモール運営など他の事業での収益を増やしていく予定のようです。

ただし、だからといってプロミスのキャッシングが不便になるわけではありません。むしろ人気のNISグループが良い例ですが、キャッシング事業がグループ全体に占める割合の小さいほうが、逆に景気の影響を受けにくく好条件のローンを展開しやすいのです。

つまりプロミスは単なる消費者金融の大手から、総合金融グループへ進化しようとしているとも言えるでしょう。

また、GMOネットカードを運営するGMOインターネットグループは、アメリカの大手証券会社と提携して債権買取の新会社を立ち上げることが決まりました。

これからグレーゾーン金利が撤廃されるなどで業界が混乱すると、経営体力のない中小キャッシング店舗がたくさん廃業すると予想されています。そこの債権を買い取って、ユーザーに不便がかからないようにする狙いがあると言われています。

もちろん債権を安く買い取ることが出来れば、それだけGMOネットカードの収益も大きくなります。キャッシング業界の混乱を防ぎ、自社の儲けを増やすうまい方法だと言えるでしょう。

さらに事業者ローンの分野でも、提携が進んでいます。

去年からスタートしたJCBビジネスローンカードはその名の通りJCBグループの運営ですが、保証業務や融資ノウハウを提供しているのは、中堅キャッシングのクレディアです。

その結果として限度額500万円、金利15.0%、利用可能なATMネットワークが全国15万台という「JCB」のブランド名に恥じない好条件の事業者ローンが誕生し、人気サービスの1つになっています。

このように業界全体があちこち提携し、私たちユーザーにとっては状況を見極めるだけでも大変ですが、どんどん使いやすい新サービスが誕生してくるのはうれしいところです。しっかりニュースをチェックしていけば、キャッシングを有利に使っていくことも出来るでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/25(日)
前回のエントリーで「激甘・柔軟キャッシング」の代表的なサービスを紹介したのに続き、今回は利息の負担が少なくて済む「低金利キャッシング」を目的別に解説していきたいと思います。

まず通常のキャッシング用途に使うなら、IT系を代表する楽天マイワン、銀行系ローンのモビットがクチコミ評価の上位に来ています。

同じくらいの低金利サービスは他にもありますが、この2社は低金利以外に高限度額・柔軟審査という特長も付いているのです。

楽天マイワンは業界最安レベルとなる7.0~17.8%の金利に、500万円の融資枠が魅力です。去年の4月までは7.8~17.8%だった金利をわざわざ改定しているあたりからも「低金利ナンバーワン」に対する熱意のようなものが感じられます。

それにモビットも300万円の限度額に15.0~18.0%という手頃な条件を備えた上に、即日融資のスピードも申し分ありません。楽天マイワンは審査に数日かかり、主婦の方が申し込めないデメリットがありますが、モビットはその欠点もクリアしています。審査の柔軟さを含めたトータルバランスでいえば、モビットは非常に優秀なサービスだといえるでしょう。

また、事業者向けのビジネスローンでは、2005年から参入してきたビービーネットファイナンスの健闘が目立ちます。

中小企業から個人事業まで幅広いビジネスユーザーに対応し、融資プランも300・500・1000万円の3種類がバランスよく揃っています。とりわけ500万円までのプランは担保や保証人が必要ないため、申込みから融資がきわめてスピーディーに展開されます。

300万円のプランを選べば、融資枠の範囲内なら好きなときに追加融資が受けられる等、ほとんど個人向けキャッシングに近いサービスを受けることも可能です。金利は300万円のプランで15.0~18.0%、1000万円のプランなら7.0%とかなり低めに設定され、事業拡大から開業の資金までどんな使い方にも活躍してくれるでしょう。

なお、ここで紹介したサービスはどれも「グレーゾーン金利をすでにクリアしている」という共通点があります。大手を含めほとんどの店舗が2009年までにキャッシング金利を20%以下にするべくリストラに励んでいますが、今回の3社はそんなに無理をする必要がまったくありません。

ただ単に今の利息が安いというだけでなく、将来的にも安定した低金利サービスが受けられるということは、私たちにとっても大きなメリットと言えるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/24(土)
消費者金融が提供するカードローンのサービスには、よく「審査が甘い」と言われる店舗があります。しかし審査の柔軟さにもいくつかのタイプがあり、うまくキャッシングと付き合っていくには各社の特徴をつかんでおく必要があります。

そこで今回は、ユーザーのクチコミ評判等で柔軟と言われているサービスの特徴を解説したいと思います。

まず審査の甘さと低金利がバランス良く揃っているサービスを探すなら、NISグループの「ファーストプラン」が今のところベストな選択になります。

50万円の限度額で比較すれば15.0~18.0%という金利は業界トップクラスの安さになり、他社での借入件数がそこそこ多くても問題ない甘さを兼ね備えています。申込みから最短で即日スピード融資なのもメリットで、さすがは人気サービスと言えるでしょう。

また、限度額100~150万円をカバーするキャッシング店舗は、激甘審査のところが豊富に揃っています。

このランクの激甘店舗では三和ファイナンスが高い支持を得ており、100万円まできわめて柔軟な審査で融資を受けることができます。他社の利用件数はおおむね5件程度までOKとされ、アルバイト・主婦などの職業でも大丈夫です。

これに並ぶのがプライムファイナンスで、150万円までの振り込みキャッシングで激甘審査を誇ります。特に、他社の利用件数に関しては三和ファイナンスすら超えるほどの柔軟さなので、大手・準大手キャッシングで融資が受けられなかった急場でも役立てることが出来るでしょう。

ほとんどの激甘と言われるキャッシング店舗はここまで見てきたように限度額がやや控えめですが、イコール・クレジットのような例外もあります。

限度額が20万~300万円、金利が8.0~29.2%と非常に広い範囲をカバーしているだけあって、どんなユーザーにも(主婦等も含む)対応できるのがポイントです。たとえ最初のうちは限度額が低くても、しっかり返済を重ねていけば限度額がアップする仕組みになっているので、最終的にはおまとめ一本化に活用できるほどの融資枠を得ることも可能でしょう。

今回はシンプルに低金利・激甘・高限度額という3タイプの柔軟キャッシング店舗を並べてみましたが、「審査が甘い」と呼ばれているキャッシングでもこれだけの違いがあるのです。

こうした各社の特長をきちんと見極めていけば、もっと便利に柔軟キャッシングを活用していくことが出来るでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/22(木)
そろそろ2月も下旬になってきましたが、例年ほどキャッシング各社の動きが思わしくありません。やはりグレーゾーン金利の廃止や、過払い利息の返還請求が増えている等のマイナス要因があるからと言えるでしょう。

それでも好調融資なところはしっかりキャンペーンを実施し、他社が足踏みしている間にユーザー数を伸ばそうという狙いが見えます。

代表的なIT系キャッシング店舗の1つ、GMOネットカードは2月末までの限定で「バレンタインキャンペーン2007」を開催しています。

この期間中の契約者10人のうち1名に人気携帯プレーヤー「iPod shuffle」が当たるというもので、当選確率はなかなかのものです。金利7.3~18.0%、限度額300万円の大型ローンに加え、50万円までは特に激甘ですが、今回のキャンペーン期間中はさらに柔軟審査が期待できます。

審査スピードも即日と申し分なく、ネットからのキャッシング利用が主体の方は狙い目といえるでしょう。

また、意外なところでは信販系キャッシングのJCBファーストローンカードも2月末までのキャンペーンを行なっています。

JCBファーストローンカードといえば去年の夏に新規参入し、300万円の限度額に8.0~17.8%の低金利で人気を集めました。サービス開始からしばらくキャンペーンを行なった後は静かな動きが続いていましたが、また今回は新しくキャンペーンを実施しているのです。

その内容は入会者全員に1000円分のギフトカードが当たるというもので、基本的には去年に実施されたものと変わりありません。ただ、前回のキャンペーン時にかなり柔軟な融資が行なわれていたことを考えると、今度の審査もかなり期待が持てそうです。

今回紹介した2つの店舗はどちらも有名ブランドで、業界屈指の高額・低金利キャッシングでも定評があります。以前から申込みを狙っていた方は、今月いっぱいのキャンペーンをうまく活用するのが賢い選択になります。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/21(水)
携帯電話のヘビーユーザーならご存じかもしれませんが、今年3月から新しい携帯会社「イー・モバイル」が参入してきます。しばらくはデータ通信だけのサービスになりますが、ドコモやau等に続くユニークな選択肢として注目されそうです。

去年からは携帯キャリア同士の番号ポータビリティがスタートしたこともあって、いろいろ賑わっています。

そんな動きに対応し、キャッシング業界でも携帯サイトからのサービスに力を入れる店舗が増えてきました。

柔軟審査で知られるIT系キャッシングのプリーバは、最近になって本格的に携帯キャッシング対応を果たしました。ドコモをはじめ主要キャリアのすべてをカバーし、融資の申込みから振込みキャッシング、利用枠の増額などひと通りの機能がケータイから利用出来るようになっています。

これでパソコン・携帯・提携ATMのうち好きな方法でキャッシングが使えるようになり、300万円の限度額と9.7~23.0%の低金利を備えた融資プランがますます便利になったと言えるでしょう。

また、オリックスVIPローンカードも携帯キャッシングを含めたオンライン融資が充実しています。

なかでも特徴的なのはジャパンネット銀行の口座と連携させることによって、24時間365日いつでも好きなときにリアルタイム融資が受けられるサービスです。ほかの銀行でもケータイからの振込みキャッシングには対応しますが、リアルタイムで融資・返済が出来るのはジャパンネット銀行口座を持っているユーザーだけに限られます。

このジャパンネット銀行自体もひと通りのサービスが携帯サイトから行なえるため、VIPローンカードのような融資サービスとの相性は最高といえます。プリーバを利用するときも同じですが、ケータイ融資とネット専業銀行はワンセットで揃えておくと便利でしょう。

これからグレーゾーン金利が廃止されると利益が減るため、キャッシング各社は店頭窓口でのサービスからネット系サービスへと移行していくところが増えています。とはいっても携帯電話を使ったキャッシングに完全対応できているところはそれほど多くなく、まだまだ選択肢は限られています。

ひと足早く先進的なキャッシングサービスを体験したい方は、プリーバやVIPローンカードを使ってみるのが良いでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/20(火)
普段から借りやすい柔軟審査、キャンペーン実施中などのお得な情報を口コミ情報で集めている方は多いでしょう。たしかに非公式な情報までスピーディーに知ることが出来る口コミ情報は便利ですが、中にはあまり信頼できない情報もあったりするため、それだけを頼って申し込むのはベストとはいえません。

そこで活用したいのが、キャッシング店舗の公開している「IR情報」です。

IR情報というのは投資家向けのデータを集めたものですが、私たち一般のキャッシングユーザーでも簡単にインターネットで見ることが出来ます。プロミスやアコム、武富士などの上場企業なら基本的にすべて公開されています。

キャッシング大手の公式サイトには「IR情報」と書かれたリンクがあるので、そこをクリックすれば情報データが置いてあるページに行けます。そのIRページにもいくつか資料がありますが、「月次データ」「マンスリーレポート」等、月ごとのデータを集めたものが意外と役に立ちます。

それを見ることで、ユーザー1人あたりの平均融資額、審査の可決率などがダイレクトにわかるからです。口コミ情報では「柔軟審査」としか言われていなくても、公表されているデータを見れば正確なパーセントの数字が簡単にわかります。

たとえばキャッシング大手の最新データ(2007年1月)を見比べてみると、面白いことがわかります。アコムやプロミスの審査可決率が40%台でやや低迷しているのに対して、武富士は最近の可決率がコンスタントに50%を超えています。

大手に申し込むユーザーは収入や職業などの条件がほとんど同じなので、今なら可決率が高い武富士が狙い目だと判断できるでしょう。

また、その消費者金融が全国に持っている自社ATMや店頭窓口の数、従業員数の増減もしっかり書かれており、どのくらい経営に余裕があるか、どこまでリストラが進んだかも読み取ることが出来ます。

このように投資家向けと言われているIR情報も、使い方によっては審査が柔軟なキャッシング店舗を正確に見分けるツールになります。うまく活用すればキャッシングを有利に選ぶことが出来るようになるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/19(月)
現在のところキャッシングの人気トレンドは、大きく分けて2つの流れがあります。1つは限度額が低め(50万円)で審査が激甘の店舗、そしてもう1つが高額・低金利で審査も比較的柔軟という「おまとめ一本化」向けのローンです。今回は、最近になって種類が増えてきたおまとめ向けローンについて紹介していきます。

2009年にはグレーゾーン金利がなくなると同時に「総量規制」が導入されて、私たちキャッシングユーザーは年収の3分の1を超える融資が受けられなくなります。そのため、今のうちから借入件数と総額を減らしておくおまとめローンが脚光を浴びているというわけです。

阪急阪神グループが運営するスタッフィは以前から200万円までの柔軟キャッシングで定評がありましたが、3ヶ月ほど前からは新しくおまとめ専用ローンをスタートさせました。これもおそらく、ユーザーからの借り換え需要が高まったのを素早くキャッチしたからでしょう。

おまとめ専用ローンは通常プランよりさらに高額・低金利なのがメリットで、17.885~22.63%の低金利と300万円の限度額を誇ります。保証人が必要になりますが、その点さえクリア出来ていれば非常に甘い審査のローンを組むことができます。

また、おまとめ専用ではありませんが、IT系キャッシングのイコール・クレジットは通常プランがおまとめにも活用できるようになっています。

限度額は300万円とかなり高く、その限度額がアップするごとに金利も8.0~29.2%まで幅広く変わっていくのがポイントです。IT系だけあって審査も柔軟で、おまとめローンの条件は十分に満たしていると言えるでしょう。

ただし保証人が不要な分だけ、スタッフィの専用プランほど激甘な審査ではありません。しばらく返済実績を重ねながら限度額をアップさせる必要があるため、急いで借り換えたい場合はスタッフィを利用するなど、使い分けが重要になってきます。

もう1つの選択肢としては、キャンペーン期間を利用する選択肢もあります。

あくまで2月末までの期間になりますが、300万円まで15.0~18.0%の低金利で使えるアットローンが社内キャンペーンで柔軟審査になっているという口コミ評判があります。これを活用すれば、普段よりもカード発行の確率を高くすることが出来ます。

アットローンなら初回利用でも200万円まで借りられるため、まさに今はおまとめ向きのサービスになっています。

借入件数が多いと大手では受け付けてもらえず苦労することがありますが、今回紹介したようなキャッシング店舗なら、借り換えユーザーの希望を高いレベルで満たすことが出来るでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/18(日)
以前にも速報をお伝えした「プロミスのネット事業参入」ですが、いよいよ今月13日から本格的に動き始めました。プロミスが出資した新しいネットモール運営会社は「カウイチ」と名付けられ、大手のネット企業・ライブドアからシステムやノウハウ面でのサポートを受けていくことになります。

実際のサービス開始は4月1日となり、すでに今から出店するショップの募集を積極的に行なっています。

もちろんプロミスがオンラインモール運営に参入したからといって、私たちキャッシング利用者にすぐ影響が出ることはなさそうですが、長期的に見ればかなり変化が出てくることも考えられます。

最近はよくニュースで言われているように大手の消費者金融が揃って大きな赤字を出し、アイフルや武富士をはじめ大半が店舗の閉鎖、従業員の削減などリストラを打ち出しています。それに、審査基準も引き締められ、以前のように激甘なカード発行が望みにくくなってきました。

そんな中でプロミスは今のところリストラ規模が小さく、審査もライバルの大手に比べて柔軟な状態をキープしています。キャッシングユーザーに不便を感じされることなく、グレーゾーン金利の廃止で下がる利益は新事業でカバーしようという姿勢の表れと言えるでしょう。

今回のオンラインモール事業も、その業務拡大の1つといえます。うまく利益を上げることができれば、プロミスの本業であるキャッシングにも審査の柔軟化・低金利キャッシングの追加など、いろいろなサービス強化が期待できます。

ちょうどNISグループ楽天マイワンのように、低金利キャッシングで人気を集めるサービスは、ほとんど例外なく個人向けローン以外に強力な収益源を持っています。それがあるから経営に余裕が生まれ、柔軟審査と低金利キャッシングが実現できているのです。

まだ今のところプロミスは「歴史ある大手の消費者金融」というイメージですが、これからの新事業がどうなるかによっては、NISグループや楽天のように総合金融グループへと成長することが可能です。

そんな意味では、今回ライブドアと提携したネット事業の行方は、キャッシングユーザーとしても注目していきたいところだと言えます。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/17(土)
激甘審査のキャッシング店舗が減ってきているという話を以前に書きましたが、やはり今もその状態は続いています。特に大手キャッシングの平均データを見ると、この1年ほどで審査の可決率が15%以上も下がっていることがわかります。中堅キャッシングも似たような感じなので、全体的にかなり厳しいムードと言えるでしょう。

しかし中小規模のキャッシングまで探せば、今でも柔軟な融資を行なっている店舗を見つけることは十分に可能です。

東京に本社を置く中小キャッシング店舗のプライムファイナンスは、そのうちの1つになります。

いわゆる大手とは違って借入件数に対する自主規制ルールがないため、かなり他社での借入れが多くても柔軟な対応が期待できます。もちろん主婦やパート、アルバイトの方にも申込みOKで、女性専用のレディースローンもしっかり用意されています。

なお、主力となるプランは来店不要の振込みキャッシングで、中小クラスの店舗にしては珍しく150万円という大型の融資枠が用意されています。金利は21.9~29.2%と決して低金利プランではありませんが、この限度額・柔軟審査を考えれば十分と言えるでしょう。

さすがに24時間の電話相談や携帯キャッシングサービス等、大手ほど充実したサポート体制は望めませんが、それでも高額ローンで柔軟審査というのは今や非常に貴重です。こうした店舗を知っておけば、いざ困ったときでも慌てずに対応することが出来るでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/17(土)
前回のエントリーで女性向きキャッシングの紹介をしたのに続き、今度は自営業のユーザーでも利用出来るサービスを解説したいと思います。

自営業といえば会社の社長を思い浮かべてしまいますが、脱サラしてフリーで(1人で)仕事をしている人も自営業者に入ります。そのため、「自営業者NG」のキャッシング条件に縛られてしまうユーザーは意外に多いのです。

まず、一般向けキャッシングで自営業者がOKなところには、ライフプレイカードがあります。最大200万円の融資枠に金利18.0~29.2%という条件で、特に不足のないサービス内容です。

全体的に審査が甘いのも特長なので、大手キャッシングの審査で難しかった方でも申し込んでみる価値があるでしょう。

次に、楽天マイワンも自営業者が申込み可能なキャッシングの1つです。限度額500万円に7.0~17.8%の低金利は業界トップクラスを誇り、日常の利用からおまとめ一本化まで幅広く使っていけます。

ただし、この2社はあくまで個人向けローンの一種なので、借りたお金を事業そのものに使うことは禁止されています。つまり自営業者が借りて自分の生活費にするのはOKですが、従業員の給料等に使うことは出来ないというわけです。

それを回避したいなら、最初から事業用途のためだけに用意されたローンを選ぶのが良い方法です。

中でも担保・保証人がいらないタイプは手続きもスムーズで、銀行の融資のように面倒なことはありません。限度額300万円から1000万円まで3つのプランから選べるビービーネットファイナンス、限度額1500万円を備えた大型ローンのシティズ等が、その代表例といえます。

すでに会社を経営している方だけでなく、いずれ自分で仕事をやってみようと考えている方も、こうした目的別の事業者向けローンをしっかり押さえておけば、いざというときに困らずに済むでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/14(水)
昔から「審査が甘い」と言われるキャッシング店舗はいくつかありますが、ここ1年ほどで審査基準が引き締められたり、店舗そのものが廃業するなど状況が変わってきています。それでも収入が高めの方は心配が少ないですが、主婦やパート等、女性ユーザーの方にとっては深刻な問題といえるでしょう。

そうした中で、今のところ女性専用キャッシングでトップ水準の柔軟審査をキープしているのが、ベティローンになります。

キャッシング審査の甘さを示す「職業・収入」「他社利用件数」のどちらにも柔軟なため、大手では融資が難しい女性ユーザーでも頼れるローンです。限度額50万円、金利25.5~29.2%と条件そのものは普通ですが、柔軟キャッシングを目指すなら有力な候補になるでしょう。

また、女性専用ではありませんが準大手の三和ファイナンスもベティ・ローンに匹敵する借りやすさを誇っています。

金利は偶然にもベティ・ローンとまったく同じ25.5~29.2%で、限度額はその2倍の100万円までが設定されています(50万円超は収入を証明する書類が必要)。インターネットからの振込みキャッシングに加え、全国の店頭窓口やATMが使えるのはうれしいポイントです。

現在は初回ユーザーのみ30日間の無利息キャンペーンを行なっており、お得感が高いローンだといえます。

なお、もっと高額な融資枠を持ちたい女性ユーザーの方なら、IT系のイコール・クレジットを選ぶのも良いでしょう。

審査基準はかなり甘いですが、その割に最大300万円まで限度額をアップさせることが可能になっています。金利設定が8.0~29.2%と幅広いのも特長の1つで、きちんと返済を続けていけばどんどん高額・低金利でのキャッシングが期待できます。

他社(女性専用を除く)にくらべてイコール・クレジットは女性ユーザーの割合が高く、それだけ多くの女性から支持されていると言えるでしょう。

最近では審査に通りにくい女性ユーザーを狙った悪質な金融業者が増加していますが、ここで紹介したような店舗は信頼できる企業のサービスなので、安心して頼っていくことが出来ます。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/12(月)
去年から大手のクレジットカード会社が個人向けキャッシングに参入し、低金利や高額融資を武器にユーザー数を伸ばしてきました。そして意外に知られていませんが、実は事業者向けにも高額の融資をスタートさせる等、クレジットカード会社はビジネスローン分野でも人気サービスになっているのです。

その代表的なサービスが、日本唯一の国際ブランド「JCB」になります。

JCBといえば去年の夏にスタートさせた個人向けキャッシング、JCBファーストローンカードが有名で、限度額300万円、8.0~17.8%の低金利という好条件を誇っています。

そして同じく去年に、JCBビジネスローンカードという事業者専用のローンが誕生しました。

こちらは個人向けローンよりさらに大きな500万円の融資枠を備え、金利は15.0%固定になっています。

融資条件が良心的なことに加え、

・個人事業者にも融資OK
・担保、保証人が不要
・全国15万台のATMから引き出せる(9万台で返済も可能)
・翌営業日に振り込んでもらえる電話キャッシングに対応

といった、高額のビジネスローンにしては非常に使いやすいサービス内容が魅力と言えるでしょう。

さらに、来店しなくてもインターネットやFAXから申込みが出来るため面倒がありません。ビジネスローンではありますが、ほとんど個人向けのキャッシングに近い使い勝手です。

なお、JCBによれば、このビジネスローンは2010年までに「貸付残高500億円」を目標にしているようで、それに向けた積極融資が期待できます。時間がかかる銀行のローンなどに頼らずスピーディーに事業展開していきたい経営者の方には、頼れる味方になってくれるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/09(金)
消費者金融の業界に負けず、クレジットカード会社にもいろいろな特長があります。そのうちの1つ、AMEXカード等の発行で知られるクレディセゾンは、使いやすい豊富なカード機能を持っておりユーザーからの高い支持を得ています。

クレディセゾンは高級ブランド「AMEX」(アメリカン・エキスプレス)のカードを2つ発行していて、まずは通常のアメリカン・エキスプレス・カードがあります。

年会費わずか3150円ながら

・最高3000万円の海外旅行保険
・100万円のショッピング保険
・ネット上での不正被害を全額補償

といった万が一のときの保障サービスに優れています。さらにAMEXカードは海外旅行に強いのが特長なだけあって、世界中の主要国でホテル宿泊費やショッピングが最大70%オフになったり、海外でショッピングしたときのポイント加算が2倍になる等の特典も付いてきます。

海外旅行のお供としては、かなり役に立つクレジットカードだと言えるでしょう。

また、これとは別にリボ払い専用カードとして「フォービート」のAMEXカードも発行されています。

年会費は3150円と同じですが、ショッピング・キャッシングともに金利が低め(14.6%)に設定され、毎月の支払額が最低3000円からと非常にリーズナブルです。海外でのカード利用にこだわらないなら、こちらのフォービートを選んでおくのも良いでしょう。

さらにAMEX以外のブランド(VISA、MASTER、JCB)なら年会費を無料にすることもでき、カードの選択肢はかなり豊富です。

海外旅行のサービスを重視するか、低金利で便利なリボ専用カードにするか、そしてAMEXブランドにこだわらず年会費無料にするか、といったポイントがカード選択の基準になります。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/08(木)
普段からキャッシングを活用しているユーザーにとって、それぞれの店舗が時期を決めて行なうキャンペーンは非常に魅力的です。そのタイミングにカード申込み(または一定額のカード利用)をするだけでプレゼントがもらえたりしますし、新規申込みするときの審査が通常より甘くなっているからです。

ところでこの「キャンペーン」には、あまり知られていませんが本当は2つのタイプがあるのです。

まず1つは、いつも私たちがキャッシング各社のWEBサイトや電車広告などで見ているオープンなキャンペーンです。キャンペーン実施時期やプレゼント内容をしっかり告知し、それを見て申し込んできたユーザーには何らかの特典が付いてきます。

たとえば今なら、ネットから申し込んで入会するだけでギフトカードがもらえるJCBファーストローンカードや、会員になってオンライン融資を利用するだけで最高10万円分のお食事券が当たるオリックスVIPローンカード、といったキャンペーンが実施されています。

どちらも300万円の限度額に10%を切る低金利を備えた万能タイプのキャッシングサービスなので、キャンペーン期間中に申し込めばお得感がさらにアップします。

そして、キャンペーンのもう1つの形は、キャッシング店舗内だけで実施される「社内キャンペーン」と呼べるものです。

このタイプのキャンペーンは基本的に私たちユーザーには告知されず、よほど情報をしっかり集めていなければ知ることが出来ません。その代わり期間中は審査が激甘になることが多く、知っている人だけ得をすることになります。

現在はちょうど銀行系のアットローンが社内キャンペーンを実施していると言われ、300万円まで金利15.0~18.0%の優秀なカードローン会員になるチャンスと言えるでしょう。こうしたタイプのキャンペーンはたまに信販系キャッシングの一部や、大手のプロミスで行なわれますが、今のところアットローンだけになっています。

少しでも有利にキャッシングを利用したい、少しでも審査の可決率をアップさせたい方には、こうしたキャンペーン情報を集めるのがきわめて有効な手段だと言えるのです。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/06(火)
最近では大手キャッシングの武富士のように審査基準を引き締める動きが出始め、キャッシング利用者にとっては「柔軟・激甘サービスをどう探すか?」が大きな問題になっています。

その探し方はいくつかありますが、やはり実際に使っているユーザーからの口コミ情報を集めるか、人気が集中しているサービスを狙っていくのが確実だと言えるでしょう。そこで今回は、口コミ評判と実際の申込み数を合わせた人気サービスランキングを紹介していきます。

人気のトップを走るのは意外なことにクレジット系でもIT系でもなく、消費者金融系キャッシングのNISグループでした。

いちおう消費者金融系には分類していますが、NISグループは他社と違って個人向けよりも事業者向けローンや不動産担保ローンの割合が高くなっているのが特徴です。その意味では消費者金融系サービスというより「総合金融グループ」と言ったほうが良いでしょう。

バランスよく事業を展開しているので、キャッシング業界が不況と言われる現在でも順調にグループ全体は利益を伸ばしています。金利15.0~18.0%、限度額50万円、そして柔軟審査というユーザーにとって嬉しいサービスが続いているのも、そのおかげと言えるでしょう。

次に2番人気なのは、IT系のGMOネットカードと姉妹ブランドのベティローンになります。

どちらも50万円までの柔軟・スピード融資に定評があり、GMOネットカードは300万円まで7.3~18.0%の低金利で使える大型ローンも備えています。特に女性専用ブランドのベティ・ローンは審査が激甘なこともあって、女性ユーザーだけに限ればNISグループをも上回る人気です。

ちょうど2月はGMOネットカードがバレンタインキャンペーンを実施していることもあり、まだまだ申込数を伸ばしていきそうです。

そして3位には、大手のプロミスがランクインしました。苦戦している大手のなかでもプロミスは独自の立場を取って、店頭窓口の閉鎖などは今のところ予定していないようです。単なるコストダウンよりもユーザーの使い勝手を重視する方針は、好感が持てます。

ネットキャッシングを積極的に展開し、ライブドアと提携してオンラインモールの経営に乗り出す等、そろそろ反撃の態勢も整いつつあります。新しい低金利プランの登場などにも期待したいところです。

なお、ここまではキャッシングの話でしたが、クレジットカード分野ではJiyu!da!カードが他社を引き離してトップの評価を得ています。

低めのキャッシング金利に加え、新しくなったポイントサービス、ダイエー系列店での割引特典、年会費永久無料などの充実した基本機能がメリットです。もちろんクレジットカード業界トップクラスの激甘審査は今も続いています。

このようにキャッシング、クレジットカードの両方とも、最近のトレンドは「柔軟審査」がひとつのキーワードになっているようです。多くのユーザーから支持されているところは失敗が少ないため、どこを選ぶか迷ったときに活用すると良いでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/03(土)
キャッシング店舗はその運営会社がどの業種かによって分類することができ、

・消費者金融専業なら消費者金融系
・インターネット企業ならIT系、ネット系
・クレジットカード会社なら信販系

といった呼び方が一般的です。これを押さえておけば「信販系は審査が厳しいけど低金利で高額融資」といった形で、サービスごとの特長を理解しやすくなるのです。

しかし一方で、楽天マイワンのようにそのイメージと反対の実体を持っているところもあります。

楽天マイワンはその名の通りIT系企業の楽天グループが出資しているキャッシング店舗ですが、ほかのIT系キャッシングのような即日スピード審査に対応していません。最低でも初回の審査には1~2営業日、長くて数日かかってしまいます。

また、IT系のキャッシングは申込み基準が緩やかなのが特長の1つですが、楽天マイワンは主婦の方の申込みを受け付けていません(ただし自営業者はOK)。この点も、間違ったイメージを持っていた方は修正しておくと良いでしょう。

ここまではデメリットの話でしたが、メリットも実はたくさんあります。

たとえば審査に日数がかかることは先に書いた通りですが、いったんカードを作成して限度額が確定すれば、他社よりも使いやすくなります。全国80000台を超える豊富なATMネットワークに加え、インターネットを使った24時間リアルタイムの振込みキャッシングが利用出来るのです。携帯サイトからのキャッシング申込みも出来るため、場所を選ばず使っていけます。

それに、IT系キャッシングは申込み基準が緩い分だけ金利上限が高め(29%前後)になっていることが大半ですが、楽天マイワンはどんなに高くても7.0~17.8%にきっちり収まります。

さらに限度額の面でもメリットがあります。IT系キャッシングを含め、ほとんどの店舗ではどんなに限度額が高くても「初回は100万円まで」といった感じで制限されています。しかし楽天マイワンはそうした制限がなく、審査結果によっては初回から500万円という途方もない高額融資を受けることさえ出来るのです。

つまり、審査にやや日数がかかったり主婦が申し込めない欠点はあるものの、それ以外のところでは他社を圧倒するほどのサービス体制になっています。どちからといえばIT系というより、マイベストビズ等の信販系キャッシングに近いタイプだといえるでしょう。

今回は楽天マイワンを例にしましたが、ほかにも業種のイメージと違ったサービスを展開しているところは少なくありません。どんなサービスに申込みする場合も、きちんと自分で詳しい内容をチェックすることが大切なのです。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/02(金)
すでにニュース等で目にした方もいるかもしれませんが、プロミスがライブドアと提携してオンラインモール(インターネット商店街)の運営に乗り出すという、ひさしぶりに大型提携のニュースが入ってきました。

すでに運営中の「ライブドア・デパート」を4月からプロミスがそのまま引き継ぎ、ライブドアはプロミスをサポートする形になるようです。

プロミスとしてはグレーゾーン金利が廃止される等で厳しい経営環境になっているため、インターネット関係の事業に手を伸ばして収益源を増やそうという思惑があります。一方、ライブドアは前社長の逮捕などでオンラインモール運営にまで手が回らないため、それを手放して本業のポータルサイトサービスに集中する模様です。

この両社のメリットがうまく一致して、今回の大型提携になったものと考えられます。

消費者金融がオンラインモールを運営するだけなら私たちキャッシング利用者に関係ないように思えますが、実はそうとも言えません。

たとえばオンラインモールのWEBサイトで自社のキャッシングサービスが宣伝出来るため、今までのようにコストが高いテレビCM等に頼らず、効率の良いユーザー獲得ができるようになります。

それに、プロミスは今年9月をメドにして新しいオンラインショッピングの決済サービスをスタートさせると発表しています。まだ詳しい情報は出てきていませんが、このタイミングでインターネットに特化した低金利キャッシングが登場する見込みもあるでしょう。

おそらくプロミス等の大手にとって今年(2007年)は新しい貸金業規制法が施行される等、大きな転換点になると見られます。サービスが豊富になっていく反面、ほかの大手のように審査基準が厳しくなる可能性もあるため、まだ審査の甘い今のうちからカードを発行しておくのが賢いユーザーの選択といえるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/02(金)
アイフルが大幅なリストラを発表する等、キャッシング各社はかなり苦戦をしているところが目立ちますが、クレジットカード業界はそれほど深刻な状況にはなっていません。むしろキャンペーンを実施して、積極的にカードを発行しているところもあります。

その中でも、審査が特に柔軟なのは大手スーパーやコンビニグループ等、流通系のカード会社になります。

まずクレジットカード業界がそれほどピンチになっていないのは、

・カード年会費
・キャッシング利息、ショッピング手数料
・加盟店手数料

といった収益源がいくつもあるからです。キャッシング利息しか収益源がない消費者金融にくらべるとグレーゾーン金利の廃止による影響が少なく、経営に余裕があるのです。

それに流通系のカード会社なら、クレジットカード自体から収益を得る必要さえありません。たくさんのユーザーにクレジットカードを持ってもらい、そこへ自社グループ店舗で使えるショッピング割引などを付けておけば、本業のスーパーやコンビニ売上で利益を上げることが出来るからです。

そんな事情があるため、クレジットカードを年会費無料にしたり、審査を柔軟にしてどんどんユーザーを増やそうとしているのです。

大手コンビニのサークルK・サンクス系列(UCSグループ)が発行しているKARUWAZAカードは、そうした審査が柔軟な流通系クレジットカードの代表です。

年会費は永久無料なのに国内・海外旅行保険やショッピング保険が付き、電子マネーのEdy(エディ)機能を標準装備しています。発行元のサークルKやサンクスなら、たとえ100円のおにぎりを買うときでも現金不要なクレジット決済が出来るなど、便利に使っていけます。

キャッシング金利も18.0%とかなり低めで、まさにダイエー系列のJiyu!da!カードと並ぶ「万能クレジットカード」といえます。ちょうど2月までは入会者すべてにギフトカードがもらえるキャンペーン実施中のこともあり、審査柔軟なチャンスを狙うなら今が最高のタイミングと言えるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
2007/02/01(木)
消費者金融をその融資残高で分けたとき、国内の順位10位くらいにある「準大手」のキャッシング店舗は微妙なポジションにあります。

知名度やサポートの充実度では大手にかなわず、審査の柔軟さでは逆に中小キャッシングのほうが優れています。その間にある準大手クラスのキャッシング店舗は、実はかなりユーザーに注目されにくい位置なのです。

たとえば最近になって事業の縮小を決めたカードローンを並べてみれば

・ディック: 店舗の8割ほどを閉鎖
・GE Moneyカードローン: 新規会員の募集を完全ストップ
・クレディア: 全店舗を閉鎖し、ネット融資に集中

と、その大半が準大手~中堅ブランドになっています。店頭窓口を置いておくコスト負担が大きいのに儲けはそれほど出ず、3年以内にグレーゾーン金利の廃止が決まっていることもあって、その経営環境は厳しくなる一方だと言えます。

しかし、中には独自のカラーを打ち出して順調にユーザーを獲得している準大手クラスのブランドもあります。

それが、創業35年になる三和フィナンスです。

貸付残高でいえばちょうど準大手の位置ですが、最大の特長はなんといっても中小のキャッシングに負けない柔軟審査にあります。

他社での利用数にも十分な甘さですが、収入や職業の属性にはもっと柔軟な設定になっています。パートやアルバイト、主婦はもちろん、通常のキャッシング店舗では敬遠される職業(水商売関係など)を含め、他社にくらべて圧倒的な幅広さでカード発行を行なっているのです。

その割に限度額は100万円までと意外に大きく、25.5~29.2%の金利を考えても大いに検討する価値があります。

もちろんただ単に審査が激甘なだけでは中小キャッシング店舗と同じですが、三和ファイナンスはその規模を生かした全国の店舗・ATMネットワーク、それにネットを使った振込みキャッシング(携帯対応)といった、大手に匹敵するサービスも持っています。

中小キャッシングの柔軟審査と大手の優れたサービス体制を一緒に持っているところは非常に珍しく、「借りやすさ」「使いやすさ」両方を重視したいバランス派のユーザーには、まさに最適のキャッシング店舗になります。

消費者金融人気サイトランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。