柔軟キャッシングの探し方! 「IR情報」を活用する

▼ スポンサーサイト

--/--/--(--)
[PR]一番お得なサービスなら、「楽天マイワン」!
[PR]同時に4社お申込みなら便利な一括申込!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼ 柔軟キャッシングの探し方! 「IR情報」を活用する

2007/02/20(火)
[PR]一番お得なサービスなら、「楽天マイワン」!
[PR]同時に4社お申込みなら便利な一括申込!

普段から借りやすい柔軟審査、キャンペーン実施中などのお得な情報を口コミ情報で集めている方は多いでしょう。たしかに非公式な情報までスピーディーに知ることが出来る口コミ情報は便利ですが、中にはあまり信頼できない情報もあったりするため、それだけを頼って申し込むのはベストとはいえません。

そこで活用したいのが、キャッシング店舗の公開している「IR情報」です。

IR情報というのは投資家向けのデータを集めたものですが、私たち一般のキャッシングユーザーでも簡単にインターネットで見ることが出来ます。プロミスやアコム、武富士などの上場企業なら基本的にすべて公開されています。

キャッシング大手の公式サイトには「IR情報」と書かれたリンクがあるので、そこをクリックすれば情報データが置いてあるページに行けます。そのIRページにもいくつか資料がありますが、「月次データ」「マンスリーレポート」等、月ごとのデータを集めたものが意外と役に立ちます。

それを見ることで、ユーザー1人あたりの平均融資額、審査の可決率などがダイレクトにわかるからです。口コミ情報では「柔軟審査」としか言われていなくても、公表されているデータを見れば正確なパーセントの数字が簡単にわかります。

たとえばキャッシング大手の最新データ(2007年1月)を見比べてみると、面白いことがわかります。アコムやプロミスの審査可決率が40%台でやや低迷しているのに対して、武富士は最近の可決率がコンスタントに50%を超えています。

大手に申し込むユーザーは収入や職業などの条件がほとんど同じなので、今なら可決率が高い武富士が狙い目だと判断できるでしょう。

また、その消費者金融が全国に持っている自社ATMや店頭窓口の数、従業員数の増減もしっかり書かれており、どのくらい経営に余裕があるか、どこまでリストラが進んだかも読み取ることが出来ます。

このように投資家向けと言われているIR情報も、使い方によっては審査が柔軟なキャッシング店舗を正確に見分けるツールになります。うまく活用すればキャッシングを有利に選ぶことが出来るようになるでしょう。

消費者金融人気サイトランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。