最近のキャッシング 審査のポイントはどこ?

▼ スポンサーサイト

--/--/--(--)
[PR]一番お得なサービスなら、「楽天マイワン」!
[PR]同時に4社お申込みなら便利な一括申込!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼ 最近のキャッシング 審査のポイントはどこ?

2007/04/15(日)
[PR]一番お得なサービスなら、「楽天マイワン」!
[PR]同時に4社お申込みなら便利な一括申込!

最近はキャッシングの審査基準を変え、以前よりも厳しめになったサービスが増えてきました。グレーゾーン金利の廃止を2009年に控えて融資判断が慎重になっているとはいえ、日常的にキャッシングを利用したい私たちユーザーには悩ましいところです。

ところで、その影響なのかどうかは不明ですが、口コミで言われている「審査基準」のポイントが変化を見せています。今回はその具体的なところを紹介したいと思います。

まず1つめは、他社の利用件数です。以前なら大手は3~4件までが許容、中堅・中小キャッシングでは6~8件くらいを審査OKにしているところがありました。ところが近頃は、中堅クラスまでがほぼ「上限3件」を基準にし始めているようです。

つまり借入件数は、少なければ少ないほど審査に有利という傾向が昔よりも強まっていると言えます。

次のポイントは、申込みしたユーザーの年収額と借入額のバランスです。以前は「他社を合わせた借入れ額が年収とイコールくらいまで許容」としていた店舗が多かったですが、今では基準を変えて「年収の3分の1」前後を上限リミットにしているところが増えています。

これは2009年に導入される総量規制を先取りした動きと見られ、昔のように大型ローンが組みにくくなっている様子です。こうした事情を踏まえると、店舗によって差はありますが、キャッシング審査が厳しくなってきていることは間違いないと言えるでしょう。

今のところユーザー側で出来る対策としては、借入件数を減らすことが最優先になります。なぜなら年収は上げようと思っても簡単に増えるものではありませんが、借入件数はおまとめ一本化向けのローンをうまく利用することで、ある程度コントロールできるからです。

必要な金額や保証人の有無によってベストなサービスは変わりますが、

・300~500万円(保証人不要): 楽天マイワンSBIイコールクレジット
・300万円(要保証人): スタッフィのおまとめ専用プラン
・500~1000万円(事業者専用): ビービーネットファイナンス

といった信頼できるブランドを押さえておけば、かなり借り換えはやりやすくなるでしょう。逆に、郵便ポストにチラシが入っているような(連絡先が携帯番号等)おまとめローンは危険度が高いので避けたほうが賢明です。

これらのサービスを活用していけば、借入件数だけでなく金額の圧縮にも繋がり、審査が厳しくなっていく今後も上手にキャッシングと付き合っていけるのです。

消費者金融人気サイトランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。